2007年04月24日

メタボリックシンドローム対策のコーヒーを発売。

メタボ対策コーヒーを発売 体脂肪の低減効果をうたう 

 味の素ゼネラルフーヅが6月5日から発売する無糖ブラックコーヒー「ブレンディ 香るブラック」は特定保健用食品の認可を受け、コーヒーで初めて体脂肪の低減効果をうたう。成分中のコーヒーオリゴ糖に腸内の脂肪吸収を抑制する働きなどがある。同社の臨床実験では、約3カ月飲み続けた人の腹部の脂肪面積は、飲まなかった人より平均約7%(体重換算で約1kg)減ったという。

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策をうたう「トクホ」飲料市場は急拡大しており、07年の規模は06年比約4割増の600億円に達すると見られている。



 勝手なイメージですが、メタボリックシンドロームになる人ってコーヒーにゃクリームも砂糖も入れますって感じなんですよね。そこでカロリー摂取するのか!みたいな。何でまぁ、無糖コーヒーを愛飲している人でメタボリックな人は、飲んでみてはいかがでしょう。

関連:
医学処 日本人はアメリカ人より内臓脂肪が溜まりやすいので非常に危険
医学処 メタボリック症候群が減らなかったら、健康保険の負担金を増額
医学処 メタボリックシンドローム向けのメジャー付きトイレットペーパー


広告
posted by さじ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。