2007年04月24日

秋田大学が自殺予防のスペシャリストを育てる「自殺予防学」を開始

育て自殺予防のスペシャリスト 秋田大が授業設置へ

 自殺予防のスペシャリストを育てようと、秋田大が「自殺予防学」の確立と授業の設置に乗り出した。新年度にカリキュラムなどをつくり、08年度から授業を始める。

 秋田県は人口10万人あたりの自殺率が05年まで11年連続で全国最高。カリキュラムづくりに加わる本橋豊教授は「大学の特色として打ち出していきたい」と言う。

 自殺予防の研究は医学、心理学などにわかれ、体系化した学問として確立していない。文部科学省は「国全体の緊急課題だ」として補助金の交付を決めた。



 自殺予防という観点で見るならば、心理学的な色が強い感じもしますね。どのような授業をしていくのか興味あります。

 現在日本では、カウンセラーや臨床心理士といった資格に、国家資格はありません。民間資格として多数の資格があるようです。その民間資格の中の1つとして自殺予防カウンセラーなども出来るんでしょうかね。病院で勤めるというより、各大学、各市町村に配属など、ニーズはかなりありそうです。

関連:
医学処 横浜市立大学で、医学生のための自殺予防講座を実施
医学処 大学生の自殺を職員が防止するためのマニュアル
医学処 自殺しようとした人の2割程度しか、家族や友人に相談していない。
広告
posted by さじ at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39904945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。