2007年04月22日

かんきつ類の成分が、脂肪の蓄積を抑制している。

かんきつ類が肥満防止 コレステロールを抑制

 2種類のかんきつ類の皮に含まれる「フラボン類」の2つの成分に、血糖値やコレステロール値を抑制する効果があるとのマウス実験結果を平田敏文広島大教授らがまとめ、17日発表した。

 かんきつ類を栽培、展示している「シトラスパーク瀬戸田」(広島県尾道市)との共同研究。平田教授らは「肥満や生活習慣病の予防が期待できる」と話している。

 かんきつ類の名前や産地は「特許を申請中のため」として明らかにしていない。

 平田教授らによると、マウスの脂肪細胞で、2つの成分が脂肪の蓄積を抑制していることを確認。脂肪を多く含む餌を5週間食べさせる実験で、2つの成分を含む皮を与えたマウスは、与えなかったマウスに比べ、血糖値や体脂肪率が約2割低く、コレステロール値も抑えられたという。



 皮ですからね、。糖分たっぷりのかんきつ類をたくさん食べたからといって肥満抑制につながるわけではありません。

 しかし自然の成分からまた新たな効果を見出したわけでして、ここまで医学が細かくなってしまうと、何をどう使っていけばより効果的なのかわからなくなってきますね。

関連:
医学処 死ぬところを自分の脂肪に助けられる
医学処 内臓脂肪を減らしたいなら、杜仲茶を飲みましょう。
医学処 緑茶を飲むとアディポネクチンの分泌量が増えます


広告
posted by さじ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。