2007年04月22日

牛肉を週に7回以上摂取した母親から生まれる男は、精子数が少ない

妊娠中の牛肉摂取が男児の生殖能力に影響

 妊娠中に、牛肉を週に7回以上摂取していた母親から生まれた男性は精子数が少ないとの研究結果が、米医学誌「Human Reproduction」3月28日号に掲載された。原因は明らかにされていないが、牛肉に含まれるホルモンや農薬などの化学物質による影響が疑われている。

 しかし、この知見については慎重に検討するべきだと研究グループはコメントしている。米ロチェスター大学のShanna Swan氏は「牛肉を食べてはいけないというわけではない」と述べ、妊娠中は十分な蛋白質の摂取が重要である点を指摘。別の専門家も、この研究だけでは結論を下すのは難しいとの見解を示している。

 今回の研究では、1949〜1983年に生まれた男性387人について、精液検体を分析すると同時に、母親の妊娠中の食生活について調べた。その結果、母親の牛肉摂取量と精子濃度が反比例の関係にあることが判明。母親が週7回以上牛肉を食べていた男性は精子濃度が24.3%低かったほか、精子濃度の低い男性の割合が、母親の牛肉摂取量が少なかった男性の3倍であることもわかった。ほかの肉類の摂取と精子濃度との間に相関はみられなかったという。

 被験者はいずれもパートナーが妊娠しており、不妊ではないが、母親の牛肉摂取量が多かった男性の18%がWHO(国際保健機関)による分類でsub-fertile(生殖能力が低い)とされた。

 米国およびカナダでは、ウシの成長を促進させるために6種類の蛋白同化ホルモンが使用されている。ヨーロッパでは1988年以降ホルモンの使用が禁止されていることから、Swan氏らはヨーロッパの男性を対象に今回と同じ研究を実施することによって、ホルモンとの因果関係の有無を突き止める予定だという。



 日本は一応大丈夫?でもないか。国産牛の成長のさせ方が分からないので何ともいえませんが、アメリカは比較的簡単に成長ホルモンを使ってしまうイメージがありますからねぇ。牛に関してもアバウトなんでしょうか。ヨーロッパでのデータ待ちですね。

 日本人は、日本由来の和食をしっかり食べていれば、問題ないと思います。魚に含まれる水銀なども規定さえしっかり守っていれば別段問題ないかと、というより最近の食生活じゃそこまで魚を食べることもなさそうですけれど。サプリで補うのもまぁいいでしょうけれど、一番いいのは、楽しくておいしい栄養のある食事を食べることです。

関連:
医学処 日本のイルカは水銀汚染されており妊婦は食べないほうがいいかも
医学処 妊娠中からキシリトールを摂れば、赤ちゃんの虫歯予防になる
医学処 母親が魚油サプリメントを摂取すると幼児の視覚が向上する。


広告
posted by さじ at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。