2007年04月21日

光ナビゲーションキーボードが脳の活性化に効果あり

■下手うま、曲の難易度は関係なし カシオの電子キーボード

 カシオ計算機は16日、鍵盤が光って演奏を補助する「光ナビゲーションキーボード」が、脳の活性化に効果があると実証されたことを明らかにした。携帯型ゲーム機ニンテンドーDS用ソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の監修で知られる川島隆太・東北大学加齢医学研究所教授の指導のもとで実験を行い、証明した。

 効果が証明されたのは同社の電子キーボード「LK−301BB」(5万2500円)など3機種。いずれも、正しく楽曲が演奏できるよう、次に弾く鍵盤が赤く光って導く「光ナビ」機能を搭載している。購入者から「記憶力が良くなった」といった反響が多数寄せられたため、川島教授に実験を依頼した。

 実験ではキーボードの初心者数人が光ナビ機能を使って、テレビ画面や付属の液晶画面の指示に従って演奏。演奏前と途中、終了後の脳の働きを特殊な装置で測定した結果、額のすぐ裏側にあり記憶や感情をコントロールする「前頭前野」が、曲の難易度にかかわらず「顕著に活性化する」ことが実証された

 川島教授の研究では簡単な計算を速く解いたり、声に出して文章を読むことで脳が活性化し、脳の発育や加齢による衰え防止に役立つとされ、光ナビによるキーボード演奏が同様の効果をもたらしたことになる。カシオはこうした実験結果をもとに、中高年層にも電子キーボードの売り込みを図る考えだ。



 手を使うことで活性化される部分ていうのは確かにあると思います。若い人でしたら、利き手と逆の手をしっかり使うことで、脳全体を活性化できるかなと思いますし、右脳と左脳の両方を使えたら、記憶力も顕著に増強するのではないでしょうか。

関連:医学処 脳トレとして有用なオセロ、高齢者間で大ブームの兆し


広告
posted by さじ at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。