2014年03月22日

第108回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編

 医師の登竜門


 第108回医師国家試験学校別ランキング


 大学というのは学問を学ぶところです。
 医学を学び、医師として臨床で働くためには、当然この医師国家試験を通り抜けないといけません。
 難しい試験です。医学を学び、それを応用する。
 情報処理能力と、判断力、そして学生実習の経験が求められます。


 新卒編は、「現役医学部6年生のみを対象としたランキング」です。
 医師になるために努力している大学はどこなのか。
 全国の医学部生が共通して試験を受けるわけですので、「医学の教育」という意味でもランキングに反映されると思います。


 なお、表の見方として、「出願数 受験数 合格数」となっております。

 「出願数ー受験数」は、留年した人の値としてみて下さい。ランキングにも若干反映しています。



第1位



 防衛医科大学校  64  63  63  100.0% 


 山梨大学医学部  85  85  85  100.0% 


 佐賀大学医学部  86  85  85  100.0% 


 福島県立医科大学  90  90  90  100.0% 


 順天堂大学医学部  90  90  90  100.0% 


 なんと、5校が100%という快挙。

 第103回医師国家試験の、「4校1位」を、凌駕する出来。

 1位常連の防衛医大は貫禄です。成績上位常連の福島県立医大、順天堂大学、山梨、佐賀も、ここ数年、1位を取ったことはありませんでした。見事全員合格で100%達成。学年全員祝福されるというのは、たいへん素晴らしいことです。おめでとうございます!




第6位


 自治医科大学  111  107  106  99.1%


 常勝将軍の自治です。1人落ち…あれ、留年4人?自治が育成枠で失敗したというのか?まあそれでも100人以上医者にしているのは立派。ついつい期待してしまいますが、自治医の絶大な力は健在でしたね。おめでとうございます!




第7位


 札幌医科大学  103  103  102  99.0% 


 合格の割合でいうと、自治医のほうが上なのですが、留年等を加味すると、札幌医大は全員受験で102人合格です、素晴らしい7位です。おめでとうございます!




第8位


 広島大学医学部  101  100  99  99.0% 


 第100回の悪夢から8年…その後飛ぶ鳥を落とす勢いを続ける広島大学が8位。

 受験数が少ないだけで1人落ちなのには変わりません。この受験数が少ないというのもポイントで、留年を行い続けるといずれ澱のようにたまってしまうものですが、広島大にはそれがない。それは、素晴らしいことです。名誉の8位、おめでとうございます!




第9位


 浜松医科大学  102  100  99  99.0% 


 上位常連校。今年もBEST13返り咲き。やぁ、見事なもんです。一度崩してもすぐに立て直す姿勢、自信。おめでとうございます。




第10位


 筑波大学医学専門学群  96  93  92  98.9% 


 第100回から、30位以下を1度しかとったことのない筑波が、今年も第10位。すごいよなぁー。この安定感は一体何なんだろう。優秀極まりない。おめでとうございます!



第11位

 琉球大学医学部  88  88  87  98.9% 

 翻って、大躍進を遂げたのが琉球大学。これまで40位以下しか取ったことのない大学が、まさかの全員受験、1人落ちという快挙。留年0でこれは凄い。来年も、このままの好成績を期待したい。おめでとうございます!



第12位

 東京医科歯科大学医学部  84  84  83  98.8% 

 こちらも留年0で1人以外全員合格。素晴らしい。おめでとうございます!



第13位

 大阪市立大学医学部  83  83  82  98.8% 

 大阪市立も、実はかなりの実力の持ち主で、安定して好成績を毎年出し続けています。今年も全員受験して、1人落ちのみ。おめでとうございます!



 ここまで何がすごいかって、13位までは「1人以上落ちていない」んですよ。難化したと言われている第108回の医師国家試験で、おおよそ100人が受験して、合格率が大体9割の試験だから要するに10人前後落ちる試験にもかかわらず、0もしくは1人しか落ちていない

 余程、土台(教育)がしっかりしていないと、だめです。

 もしかすると学生実習のやり方とかも、うまいんじゃないでしょうか。 



 14位以下です。ここから2人落ち以上になります。


14  秋田大学医学部  114  114  112  98.2% 
15  慶應義塾大学医学部  103  103  101  98.1% 
15  日本医科大学  103  103  101  98.1% 
17 兵庫医科大学 105 101 99 98.0%
18  藤田保健衛生大学医学部  105  99  97  98.0%  
19  山形大学医学部  103  94  92  97.9% 
20  岐阜大学医学部  86  83  81  97.6% 
21  名古屋市立大学医学部  79  79  77  97.5% 
22 東京医科大学 116 114 111 97.4%
23  横浜市立大学医学部  77  77  75  97.4%  
24  京都大学医学部  111  110  107  97.3% 
25  三重大学医学部  109  109  106  97.2% 


---公立大学平均の壁--- 計  698  697  677  97.1% 


26  埼玉医科大学  104  104  101  97.1% 
27  東京慈恵会医科大学  101  101  98  97.0% 
28  長崎大学医学部  98  98  95  96.9% 
29  北里大学医学部  104  96  93  96.9% 
30 産業医科大学 95 92 89 96.7%
31  京都府立医科大学  90  90  87  96.7%  
32  千葉大学医学部  102  102  98  96.1% 
33  東北大学医学部  100  100  96  96.0% 
34  鹿児島大学医学部  102  97  93  95.9% 
35 大分大学医学部 95 95 91 95.8%
35 東京女子医科大学 95 95 91 95.8%
37  神戸大学医学部  96  95  91  95.8% 
38  北海道大学医学部  89  89  85  95.5% 
39 鳥取大学医学部 84 84 80 95.2%
40 金沢医科大学 110 104 99 95.2%
41  熊本大学医学部  103  103  98  95.1% 
42  金沢大学医学部  101  101  96  95.0% 
43 新潟大学医学部 100 99 94 94.9%
44 昭和大学医学部 130 118 112 94.9%
 

---国立大学平均の壁--- 計  4164  4123  3909  94.8% 


45  奈良県立医科大学  96  95  90  94.7% 
46  名古屋大学医学部  104  101  95  94.1% 


---全国平均の壁---  7921  7749  7275  93.9% 


47  福井大学医学部  96  96  90  93.8% 
48  弘前大学医学部  111  110  103  93.6% 
49  大阪大学医学部  103  103  96  93.2% 
50  愛知医科大学  108  101  94  93.1% 
51  関西医科大学  98  96  89  92.7% 
52  滋賀医科大学  95  95  88  92.6% 
53  和歌山県立医科大学  80  80  74  92.5% 


---私立大学平均の壁--- 計  3016  2887  2670  92.5% 


54 山口大学医学部 92 92 85 92.4%
55  岡山大学医学部  105  105  97  92.4% 
56  九州大学医学部  90  90  83  92.2% 
56  宮崎大学医学部  90  90  83  92.2% 
58  久留米大学医学部  97  90  83  92.2% 
59 香川大学医学部 88 88 81 92.0%
60  群馬大学医学部  100  100  92  92.0% 
60  徳島大学医学部  100  100  92  92.0%  
62  旭川医科大学  100  98  90  91.8% 
63  聖マリアンナ医科大学  103  98  90  91.8% 
64  岩手医科大学  96  84  77  91.7% 
65  東京大学医学部  107  107  98  91.6% 
66  獨協医科大学  104  104  95  91.3% 
67 東邦大学医学部 91 91 83 91.2%
68 東海大学医学部 109 102 93 91.2%  
69  川崎医科大学  121  97  88  90.7% 
70  日本大学医学部  108  106  96  90.6% 
71  信州大学医学部  96  95  86  90.5% 
72  島根大学医学部  94  94  85  90.4% 
73  愛媛大学医学部  101  99  89  89.9% 
73  高知大学医学部  101  99  89  89.9% 
75  富山大学医学部  92  90  79  87.8% 
76 大阪医科大学 96 95 83 87.4%
77  杏林大学医学部  92  87  76  87.4% 
78  福岡大学医学部  99  99  84  84.8% 
79  近畿大学医学部  107  101  77  76.2% 


 相変わらず公立大学は合格割合がすごいですね。
 697人中677人合格って。

 さて…。


第80位


帝京大学医学部  115  109  74  67.9%
 

 第106回医師国家試験では川崎医大の79.3%に「ウソだろ…」と思い、
 第107回医師国家試験では金沢医大の74.0%に「まさかその下をいくとは…」と思い、
 第108回の今回、帝京大学の67.9%に戦慄が走りました。



 今年の試験は合格者の人数が増えたみたいですね。
 毎年大体90%前後で7600人前後合格するという試験(なので逆に言うと下位1割に入らなきゃ受かる試験)なのですが、今年は7800人程度とったようです。研修医育成予算おりたんですかね。


 今回不合格になったみなさん、残念でした。
 しかし再度1年間、復習に復習を重ねることは、医師として活躍するうえで重要な基礎を養ってくれます。
 医師国家試験の勉強で得た知識は、臨床においても無駄ではありません。
 上にも書きましたが、逆に、1割は必ず落ちる試験なのです。
 特に国試浪人になると、「現役より圧倒的に合格率が落ちる」と言われています。
 無理せず計画だてて、コンスタントにやれば、来年はきっと実りをあげることでしょう。


 合格したみなさん、おめでとうございます。
 小学校受験、中学校受験、高校受験、大学受験、そしてようやく卒業とともに、医師国家試験の合格。
 ようやくスタートラインです。
 さまざまな道があり、選ぶのは各人の自由。
 しかし何れも、自信を持って選んでみてください。
広告
posted by さじ at 23:22 | Comment(8) | 大学
この記事へのコメント
突然のコメント失礼します。
11位の琉球大学の内部の者です。
留年0と書いてありますが、実際には今回より導入した新たな卒業試験により、例年にない大量の留年者(20名程度)を出しています。
残念なことですが、この数字が長く続くことはむずかしいのかもしれません。
Posted by 通りすがり at 2014年03月23日 23:21
帝京の70%切りって前代未聞じゃ・・・
Posted by   at 2014年03月24日 00:09
琉球・・・
そういうかいくぐり方もあるんだ
Posted by   at 2014年03月24日 01:13
746 名前:名無しさん@おだいじに[sage] 投稿日:2014/03/25(火) 15:37:41.43 ID:???
さも自分は医療関係者みたいな書き方してるけど、
医師国家試験なんて9割が通る簡単な試験って言ったり、実情あんま把握してないから多分ただのへっぽこライター

9割が通るんじゃなくて絶対に1割落とす競争なのもわかってないっぽいし、
大学教育なんて今や殆どの大学が予備校使ってるから教育に差はない
2〜3年の基礎?少なくとも俺の知ってる地方国立や上位私立の奴らでその辺を真面目にやってた人間はおらんw
Posted by at 2014年03月25日 16:47
大体の大学は出願前に卒業試験があるので出願数と受験数で留年を予測するのは不可能ですね。

Posted by ななし at 2014年03月26日 19:03
出願届を事務に提出させるようにして、進級判定の結果が出てから事務から送ってますからね。
かといって出願届を春に出させようなものなら、5年から6年に上がらせなければいいとなるわけです。
Posted by 通りすがり at 2014年03月26日 22:02
今年の徳島大学卒業生は入学時センター理科3教科入試で倍率1.6倍の学年。低倍率、学生レベルの低下により理科3教科はその年のみで翌年から元の入試になる。

案の定、今年は国公立の中では下位より3番目。

入試制度を混乱しただけ、情けない。
Posted by 徳之島大学 at 2015年03月18日 16:00
上記コメントは2015年109回医師国家試験大学別合格率を見てのコメントです
Posted by 徳之島大学 at 2015年03月18日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。