2007年04月17日

諏訪マタニティークリニックの根津院長を学会が処分

根津院長 学会が処分へ

 長野県下諏訪町の諏訪マタニティークリニックの根津八紘院長が、「代理出産」のボランティアの公募や、亡夫の精子で女性が妊娠・出産する「死後生殖」を行った問題などをめぐり、日本産科婦人科学会(理事長・武谷雄二東大病院長)は14日、京都市で開いた臨時理事会で、根津院長を厳重注意することを決めた。

 根津院長は「(処分に)憤りを感じる」と反発している。

 代理出産について、同学会は2003年に会告(指針)で禁止。死後生殖も14日午後開く総会で禁止する予定だ。

 根津院長は昨年10月、子宮のない女性に代わって実母が「孫」を産む代理出産を実施したことを公表。さらに今月、死後生殖の実施や代理母の公募も表明。理事会は、これらがいずれも会告に抵触すると判断し、今後実施しないよう厳重注意することにした。

 決定について、根津院長は「困っている人がいる実態を調べもせず、学会の価値観を押しつける姿勢そのものが問題だ」と批判。「私のもとに、代理出産のボランティアに応じたいとのメールが約20件届いている。困っている人がいて助けたいという人がいる。これは助け合いの精神の根幹ではないか」と話している。

 根津院長は1998年に同学会を除名されたが、03年に会告を順守することなどを条件に和解し、04年に再入会している。



 産婦人科領域ではさまざまな問題が起こっておりますが、大抵医者のせいにされています。そういったこともあって学会側としては、なるべく穏便に事を済ませたいと思っているのでしょう。勿論患者のためになることであっても、社会的に混乱を招きかねないことはしたくない、というのが本音でしょう。まぁ、医行為を行うということは、責任は全て医者にあるわけですからね。諏訪マタニティークリニックは患者個人を考え、学会は医療全体を考え、というところでしょうか。両方とも正しい姿勢ではあると思うんで、どこかで妥協すべく法整備をするしかないですね。

関連:
医学処 おばあちゃんが娘の卵子と婿の精子で代理出産。
医学処 諏訪マタニティークリニックで、死んだ夫の精子による出産を公表
医学処 過酷な労働条件を撤廃するため産婦人科医が1億円を要求


広告
posted by さじ at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。