2007年04月14日

喘息やアトピーなど、子供のアレルギー疾患が激増中。

公立小中高生徒の5.7%がぜんそく、アトピー5.5%

 全国の公立小中高に通う子どものうち5.7%がぜんそく、5.5%がアトピー性皮膚炎にかかっていることが、文部科学省が初めて実施したアレルギー疾患に関する全数調査で分かった。同省は「学校側の対応は十分でない」とみて、疾患や医薬品の使用状況、生活上の注意点を医師が記す「アレルギー版学校生活管理指導表」(仮称)の導入や、学校用の手引の作成を進める方針だ。

 調査は04年6月、約3万7000校に通う約1277万人を対象に実施。健康診断の結果のほか、保護者からの申し出などで学校が把握している例を集計した。

 その結果、花粉症を含むアレルギー性鼻炎が9.2%、アレルギー性結膜炎が3.5%、食物アレルギーが2.6%、食物などに対するアレルギー反応が二つ以上の臓器に現れるアナフィラキシーが0.14%だった。

 いずれも、男子が女子を上回った。ぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーは年齢が上がると減っていく傾向だったが、アレルギー性鼻炎と結膜炎は中学生が最も多かった。

 いずれの疾患についても、80〜95%の学校は実態把握に取り組んでいた。しかし、具体的な対応となると、ぜんそくで「発作など緊急時の対応などについて保護者らと共通理解を図っている」58%▽アトピー性皮膚炎で「体育の授業などで配慮」46%▽「温水シャワーなどの設備を充実」15%▽アレルギー性鼻炎、結膜炎で「掃除や飼育の当番などで配慮」15%――にとどまっていた。



 原因ってどこにあるんでしょうかね。大気汚染だけでここまでアレルギーにつながるんでしょうか。おそらく食の簡易化によるものもあるでしょう。古き良き和食ではなくすでにどこかで作られた食品を軽く調理して出すとか。何が入ってるか分かりませんからね。まあ私も小さい頃は体めちゃくちゃ弱くて喘息だの風邪だのとひきまくってましたが。免疫系統に異常のある人が増えつつあるので、その方面の研究に今後注目が集まるでしょう。臓器移植も、こういったアレルギー疾患も、結局は免疫能をコントロールできれば解決するわけですからね。

関連:
医学処 子供の頃水泳をやっていた子供ほど、将来花粉症になりやすい
医学処 カスピ海ヨーグルトを食べるとアトピー性皮膚炎が緩和する。
医学処 厚生労働省が、スギ花粉入り食品に注意を促す。


広告
posted by さじ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。