2007年04月08日

飲酒と因果関係のある癌は、食道がん、乳がん、大腸がん。

飲酒ですぐ赤くなる人、食道がんにご用心 発症率最大12倍…WHO見解

 世界保健機関(WHO)は、アルコールとがんの因果関係についての見解を約20年ぶりに見直し、英医学誌「ランセット・オンコロジー」4月号に発表した。

 最近の研究成果を反映させたもので、飲酒で顔が赤くなりやすい人の食道がんの発症率は、赤くならない人に比べて最大12倍との評価を取り入れている。

 WHO傘下の国際がん研究機関(IARC)が再評価した。エタノール(アルコール)は、がんを引き起こす元凶と指摘。アルコールの分解過程で重要な役割を果たすアルデヒド分解酵素(ALDH2)の一部が欠損し、働きの悪い人は、飲酒量に比例して食道がんになる危険が高まり、酵素が正常な人の最大12倍になるとした。

 20年前にWHOが飲酒との関係を認定したのは食道がんと肝臓がんなど限られたがんだけだったが、今回は乳がん、大腸がんとの間にも「因果関係があるのは確実」とした。アルコールを毎日50グラム(ビール大瓶2本程度)摂取した人の乳がん発症率は、飲まない人の1・5倍。大腸がんの発症率も飲酒しない人の1・4倍になるという。

 WHOの会議に出席した横山顕・国立病院機構久里浜アルコール症センター臨床研究部長は「アルデヒド分解酵素の部分的欠損者は、日本人の35%、アルコール依存症患者の13%に達する。飲酒教育を早期から行うなど、新たながん予防策を講じることが重要だ」と話している。



 日本人は先天的に酒に強くないわけですから、社会がこう、変わっていかないと。そりゃ「昔」は、医学が進歩していなかったわけですから、酒と癌との関係もそんなに明らかではなかったでしょう。せいぜい肝硬変ぐらいですか。ですがこうやってWHOが認定しているわけです。無理して飲ませる必要性なぞどこにもありません。「気持ちいい、楽しい」と「自分で」思える程度で、やめておきましょう。

関連:
医学処 ビール1杯で赤くなる人は、食道がんのリスクが8倍
医学処 内視鏡で1mmの食道癌を発見する技術


広告
posted by さじ at 23:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
全日本ラグビーの名フランカーだった山口良治監督が率いた京都伏見工高ラグビー部の「全国優勝」
梅宮辰夫&和田アキ子の最強の夫婦役、ラグビー部員に松村雄基、宮田恭男、マネージャー役に岩崎良美、そして伊藤かずえなど、大映テレビドラマには欠かせない個性豊かな俳優陣たちの名演も見どころのひとつ。

赤塚慎也
Posted by 赤塚慎也 at 2012年04月22日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。