2007年04月08日

4歳児が親に置き去りにされ、一ヶ月間生ゴミや生の米で生き延びる

4歳生ゴミで生存、1歳放置死…21歳母を殺人で起訴

 北海道苫小牧市高砂町の市営住宅で昨年12月、無職女が男児2人を1か月以上置き去りにしたうえ、死亡した三男(当時1歳)の遺体を遺棄した事件で、生き延びた長男(4)が生ゴミや生の米、冷蔵庫内のケチャップやマヨネーズを食べて命をつないでいたことが、札幌地検などの調べでわかった。

 同地検室蘭支部は6日、2人の母親で、三男に対する死体遺棄罪で起訴済みの山崎愛美(よしみ)被告(21)を殺人罪で札幌地裁室蘭支部に追起訴した。長男への保護責任者遺棄罪での起訴も検討している。二男は2004年に窒息死している。

 地検によると、山崎被告は兄弟を育てるのが煩わしくなり、昨年10月30日ごろ、2人にチャーハンを食べさせた後で交際相手の家に行き、12月4日に戻るまで2人を放置した。三男の青空(そら)ちゃんはすでに死亡、遺体はミイラ化していた。死因は餓死か低体温症とみられる。

 一方、長男は元気で、山崎被告が戻ってドアを開けると、飛び出して抱きついてきたという。山崎被告は「2人を殺してしまおうと思った。2人とも死んでいると思ったので、(長男が生きていて)驚いた」などと供述している。

 地検は、長男に対する殺人未遂罪の適用も検討したが、放置された後も健康だったことなどから、立件は困難と判断した。

 山崎被告は先月13日、青空ちゃんの遺体を交際相手宅の物置に放置したとして起訴された。



 殺してしまおうと思った、と殺意を認めつつも殺人未遂罪にはならんのですね。法律って不思議。

 しかしよく一ヶ月以上も生き延びましたね…。4歳の子が1人で、しかも食料は冷蔵庫と生の米、生ゴミだけで。生の米って加熱されてないから消化に悪いんですよ…。こんな餓死を狙って食べ物を与えないという最低の虐待を行う親であっても、子供は親と一緒にいたほうがいいと言えるんでしょうか。

関連:
医学処 安倍首相「親が匿名で子供を置き去りにすることは許されない」

医学処 全身に菌がまわってショック死した女児は、頭部に熱湯をかけられていた
医学処 夜泣きをさせないために浴槽に沈めた重松慎太郎の精神


広告
posted by さじ at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。