2013年11月10日

民間病院長年収アップ。勤務医もあげようぜ。

民間病院長の年収アップ3098万円に 厚労省調査、診療報酬議

 厚生労働省は6日、医療機関の経営状況を調べた「医療経済実態調査結果」を中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に示した。平成24年度の平均収支は診療所が1787万円の黒字(前年度比116万円増)、医療法人が経営する民間病院は7621万円の黒字(同215万円増)で、経営の改善傾向が明らかになった。

 医師の平均年収は医療法人が経営する民間病院の院長が3098万円(前年度比53万円増)、病院勤務医は1590万円(同43万円増)。医療機関の経営改善が影響したものとみられる。

 一方、医療法人経営の診療所は院長(主に開業医)が2787万円と31万円減ったが、それでも病院勤務医に比べ約1・75倍の開きがあった。

 調査結果は、来年度の診療報酬改定の基礎資料にされる。改定をめぐっては、厚労省や日本医師会、自民党厚労族議員がプラス改定を求めているのに対し、財務省は国民負担が増えるとして反対。今回、医療機関の増収傾向が示されたことで引き上げ反対論が勢いを増すとみられ、改定率が決まる年末に向け調整の難航も予想される。



医師の激務っぷりからしたら、ある程度はあげるべきだとは思うけど、

どうにも納得いかんのは、勤務医のほうが開業医よい安いとこだよね。

医師会レベルになると、開業医の力が大きいから変わることはないんだろうかね。開業医の高すぎる報酬を減らして、外科の勤務医に充ててさ。どうかね。

労働時間だけでなくて、やってる内容からしても、開業医って大したことしてないもん、正直。

医者が足りないなら、楽に儲かるところを少しタイトにして、勤務医のほうが旨味あるようにしたほうが、いいと思うんだけどなあ。

あ、もちろんアレですよ、理想を言えば開業も勤務も変わらんってのがいいんだろうけど、現実的に無理だからね。
広告
posted by さじ at 23:16 | Comment(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: