2007年04月06日

女性専用車両は、障害をもつ男性も利用できます。

[女性専用車両]利用できるのに…視覚障害の男性、困惑

 首都圏を中心に、女性専用車両を導入する鉄道会社が増えている。朝のラッシュアワーに、女性を痴漢から守るためだ。しかし、女性専用と分からないまま車両に足を踏み入れ、冷たい言葉を投げつけられる視覚障害の男性たちもいる。この車両、障害のある男性も利用できることになっているが、一般には知られていない。身が凍り付くような経験をした障害者らは「交通弱者も利用できることをもっと知らせてほしい」と訴えている。

 さいたま市見沼区に住む全盲の男性(41)は毎週2回、持病の療養施設に通うため東武野田線の七里―大宮間を利用する。同線は05年6月以降、平日の早朝から午前9時まで、6両編成のうち最後尾1両を女性専用車両とした。1年半ほど前、何気なく電車に乗ったところ、「ここは女性しか乗れませんよ」と女性客に注意された。冷たい空気が車両に広がった。恥ずかしくて逃げ出したくなったが、満員で身動きも取れない。揺れる電車の中でじっと耐えた。この時以来、男性はヘルパーを駅まで同伴して確実に一般車両に乗ることにしている。

 女性専用車両は、京王電鉄が01年3月に導入したのを皮切りに鉄道各社が取り入れるようになり、現在はJR東日本や西日本、全国の私鉄15社が朝夕のラッシュ時に運行中だ。痴漢対策が主な目的だが、交通弱者にも配慮して、障害者や女性に介護されている男性も乗車可能になった

 しかし、こうしたルールはあまり知られていない。日本盲人会連合の時任基清副会長は「我々は急いでいたり、普段使わない路線を使う場合、つい間違えて乗ってしまう。鉄道事業者が『障害者は乗車できる』と車内放送するだけでも十分な対策になるのだが……」と提言する。

 「車内放送は駅間が短くて難しい面がある」と漏らす鉄道会社の担当者もいるが、全国の私鉄71社が加入する日本民営鉄道協会は「障害者も乗れることを放送やステッカーで積極的には知らせておらず、確かに対応不足。今後、一般に周知するよう取り組みたい」と話す。



 弱者のための女性専用車両において、女性による差別が、意図していなかったとはいえ行われているとは。

 私も一度女性専用車両に乗ったことがあります。女性専用車両だと気づかずに乗ったといったほうが正しいか。女性しかいないと見て思う前に、嗅覚が反応しましたね。やけに香水くさい車両だな……そういえば女性しか乗ってないな…ああ…乗ってしまったのか…。

 早足で後にしましたけども。

 乗車アナウンスで障害者も乗車できるとアナウンスするのは時間的に厳しい。具体的に対策を考えると、まずはメディアで大々的に報じてもいいと思います。女性専用車両を利用する女性が、最低限の知識を持っていないと、障害者に対する迫害が起こってしまうわけですから。次に、本来なら乗っていい視覚障害者に女性専用車両と一般車両の識別をしてもらうため、女性専用車両には何かオルゴールのようなものを流し続けるとか。視覚障害者の負担にならない程度の音楽を。もしくは私も戸惑った嗅覚作戦でどうでしょう。鉄道会社が資生堂(?)と提携して車両まるごと香水のようなにおいにしてしまう。資生堂(?)にはCM効果があり、鉄道会社は儲かり、女性はいい香りでリラックスでき、視覚障害者は女性専用車両と分かる、というオイシイ車両。


 ダメですか。

関連:
医学処 点字を手軽に作れるツールを使って各種サービスを展開
医学処 盲導犬を断る、無理解な職場や学校が相次ぐ
医学処 視覚障害者と一緒にジョギングしてみませんか?


広告
posted by さじ at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック