2013年08月13日

再建術が発達したため、最近は乳房温存術をむしろやらないらしい。

乳房温存、減る傾向に 乳がん手術、再建の技術向上で

 乳がん手術で、乳腺の一部だけを切除する「乳房温存術」を選ぶ患者の割合が減少傾向に転じた。日本乳癌学会の調べでわかった。人工乳房の普及などで、全摘しても乳房をきれいに再建できるようになったことが背景にある。

 先進的な乳がん治療を進めるがん研有明病院(東京)ではここ数年で温存が2割減り、全摘と温存がほぼ同じ割合になった。7月には人工乳房で公的医療保険が使えるようになり、さらに全摘が増えそうだ。

 日本では1980年代に乳房温存が本格的に始まった。毎年新たに乳がんになる約6万人のうち8割を登録する乳癌学会の調査では、2004年に温存が全摘を抜き、08年には59・7%まで増えた。温存率の高さが優秀な病院の指標と考えられたこともあった。



 へー。

 まあ、確かに、全然わかんないぐらいになりますもんね。

 女性にとっては最も大切な場所の1つですから、癌の術後のサポートも、より手厚く、より寄り添う形で提供していきたいものです。
広告
posted by さじ at 20:30 | Comment(2) | がん
この記事へのコメント
へえー。切り取った方がマシとは。

最新の人工乳房ってのは、それこそ触り心地とか、本人の着け心地(?)とか、歳をとったらどうなるのかとか、自然なものと比べてどうなんですかね?
Posted by リィ at 2013年08月29日 14:06
はじめまして。
私の知り合いも乳癌になってしまったので、人事とは思えません。最近は医療技術の進歩がもの凄いですからね。一人でも多くの人が助かるといいですね。
Posted by 猫きち at 2013年09月21日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。