2007年03月29日

ビタミン豊富と宣伝していた清涼飲料水の嘘を14歳の女子学生が暴く

「ビタミン豊富」清涼飲料水広告の嘘 14歳の女子学生が暴く

 世界的に有名なブラックカラント(黒すぐり)味の清涼飲料水「ライビーナ」の広告が、実際より多くビタミンCが含まれているように消費者に誤解を生じさせていたことが判明し、問題になっている。きっかけとなったのは14歳の女子学生ふたりによる調査だった。

 ライビーナはグラクソ・スミスクライン社(GSK)が製造するシロップベースの清涼飲料水。高校生のアンナ・デヴァタサンさんとジェニー・スオさんは2004年に「ライビーナのブラックカラントはオレンジの4倍のビタミンCを含む」という広告の主張が本当かどうか、実験を行った。

 ふたりは、ライビーナにビタミンCがほとんど含まれておらず、あるメーカーのオレンジジュースにはライビーナの4倍かそれ以上のビタミンCが含まれていることを発見した。

 「はじめは自分たちがどこか間違えたんだろうって思ったわ」と、現在17歳のデヴァタサンさんはニュージーランドの新聞に語っている。

 GSKニュージーランド支社の広報担当者は、裁判を控えていることを理由にコメントを拒否した。

 1930年代に発売され、第二次世界大戦中の英国の子どもたちに飲まれたライビーナは、現在は世界22カ国で販売されている。

 GSKは当初デヴァタサンさんとスオさんの苦情を相手にしなかったが、公正交易監視機関コマース・コミッションが動いた。

 現在、紛らわしい広告に関する15件の容疑がオークランドの法廷の判断を待っており、GSKには最大300万ニュージーランドドル(およそ2億5000万円)の罰金が科される可能性があるという。



 どのような方法でビタミン量を測定したんでしょうね。14歳でここまでやってしまうとは。疑問に思ったことを深く追求する姿勢は、将来の伸びを感じさせますね。

関連
医学処 ビタミンDの摂取で、多発性硬化症を予防できるかもしれない
医学処 ビタミンB3が特定酵素に結合することを妨げれば老化防止に繋がる
医学処 ビタミンCをしっかりとる人は、老人性白内障になりにくい。


広告
posted by さじ at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。