2007年03月27日

共立薬科大学が解散し、来年度から慶應義塾大学薬学部となる。

合併締結:慶応大と共立薬科大 名称は「慶応大薬学部」に

 08年4月の合併に向けて協議を進めてきた慶応義塾(東京都港区)と共立薬科大学(同)は26日、正式に合併契約書を締結した。08年4月の合併に伴って、学校法人・共立薬科大は解散。学部の名称は「慶応義塾大薬学部」となる。

 薬学部は、薬学科(6年制、定員180人)と薬科学科(4年制、定員30人)の2学科で、大学院薬学研究科も設ける。



 慶應ブランドの波に乗るということですから、おそらく偏差値もうなぎのぼりでしょう。合併しただけで、中身が変わっていないのに偏差値が上がるというのはわけのわからない話ですし、受験戦争の無意味さを物語っている気もします。

関連
医学処 慶應大学と共立薬科大学が合併。慶應に薬学部が誕生か。
医学処 各大学の薬学部が、志願者集めに奔走している。
広告
posted by さじ at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック