2007年03月22日

10代へのタミフル投与を中止する方向で!

タミフル、10代投与を中止…異常行動また2例で

 インフルエンザ治療薬「タミフル」の使用後に異常行動を起こした事例が新たに2例あったことが判明し、厚生労働省は20日、10代への使用中止を求める緊急安全性情報を出すよう、輸入・販売元の「中外製薬」(東京都中央区)に指示した。

 厚労省ではこれまで、タミフルについて「安全性に問題はない」としていたが、対応が必要と判断した。ただ、10歳未満については中止は求めず、これまで通り保護者に注意を呼びかけるとしている

 厚労省によると、先月7日、昼と夜にタミフルを服用した10代の男児が、翌日午前2時ごろ、素足で外に走り出すなどした後、自宅2階から飛び降り、右ひざを骨折。また、今月19日にも、昼と夜にタミフルを服用した別の10代男児が、深夜に自宅2階のベランダから飛び降り、右足のかかとを骨折する事故が起きていたことが、20日、同省に報告された。

 今年2月には、中学生2人がタミフル服用後に自宅マンションから転落して死亡する事故もあったことから、厚労省では、タミフルと異常行動の因果関係については「否定的」との見解を変えないまま、“警告”が必要と判断した。

 これまでの事例から、異常行動を起こした場合、親などが制止しにくい年代の10代に対象を絞り、「原則として使用を差し控える」ことを求めている。10歳未満については、インフルエンザ自体による死亡事例も他の年齢層と比べ多く、タミフル服用の必要もあるとして、使用中止は求めず、これまで通り、インフルエンザと診断されてから2日間、目を離さないよう保護者に呼びかける。

 厚労省によると、昨年10月末現在で、16歳未満でタミフル服用後に死亡した事例は16例。また、17歳の事例1件も含め、異常行動後に転落死するなどした事例はこれまでに5件が確認されている。しかし、専門家が症例を検討し、因果関係に否定的な見解を示したことなどから、「現段階でタミフルの安全性に重大な懸念があるとは考えない」としてきた。21日未明に記者会見した厚生労働省の黒川達夫審議官は、「新たな事例が報告され、(安全性を)再度評価しなおし、注意喚起のレベルを上げようということになった」と述べた。



 タミフルそのものに問題があるかどうかは分からんから、とりあえず自粛の方向で!って感じでしょう。厚生労働省にしては素早く良い判断だと思います。

 しかし何故こうも飛び降りばかり起こるんでしょうね。薬理作用にしては不思議な…どちらかというと催眠に近いような特殊性を感じます。

 まあ日本人はタミフル飲みすぎでしたからね…インフルエンザなんて寝てりゃ治るわけですし、別にそこまで飲む必要もないかと…(といっても、恐らくですが、子を持つ親は医者に薬を要求するんでしょうねぇ。)

関連
医学処 タミフル被害者の会を結成。異常行動により死んだ遺族など
医学処 タミフル服用と異常言動には関連がないことが証明される
医学処 転落死した中2女子生徒は、タミフルを服用していた。


広告
posted by さじ at 05:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
ねてりゃなおるわけない
Posted by りな at 2009年01月16日 19:47
ねてりゃなおるよ
Posted by at 2009年01月17日 02:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。