2007年03月19日

埼玉医科大学の多剤耐性緑膿菌の院内感染は新たに5人死亡していた

新たに5人の死亡判明 埼玉医大の多剤耐性緑膿菌感染

 抗生物質が効きにくいとされる多剤耐性緑膿菌に多くの入院患者が感染した埼玉県毛呂山町の埼玉医科大病院で15日、調査委員会が開かれ、04年1月から06年10月までに、感染患者5人が死亡していたことが新たに報告された。これまでの判明分を加えると、感染が死因につながったとはいえない事例も含め死亡した患者は11人になった

 新たに判明した5人のうち、04年に死亡した70代の男性患者について調査委員会は「感染と死因に因果関係がある」と断定。残る4人については「因果関係を否定できない」とした。



 前回の院内感染報告については下記リンクを参照して下さい。

関連
医学処 埼玉医大で多剤耐性緑膿菌の集団感染。100人中6人が死亡
医学処 東京医科大学でも多剤耐性緑膿菌の院内感染が発覚
医学処 埼玉医大の多剤耐性緑膿菌集団感染は、院内感染の可能性が高い


広告
posted by さじ at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。