2007年03月19日

日本でのワクチン開発を推進するために厚生労働省が乗り出す

ワクチン開発に、産官学が連携へ 厚労省が推進委設置

 新型インフルエンザ対策などで新たなワクチンの需要が世界的に高まる中、厚生労働省は、国内メーカーの研究開発や承認申請を後押しするための指針作りや、産官学の連携に乗り出す。海外で承認されている有効なワクチンが国内でも使用できるような環境づくりが狙いで、近く、専門家らによる推進委員会を立ち上げる。

 感染症を予防するワクチンは健康な人に使われるため、一般の薬より効果や安全性の評価が厳しい。接種率の高い乳幼児が少子化で減り市場拡大が期待できないことや、患者数が予測しづらいこともあり、国内メーカーは開発に二の足を踏みがち。国内のワクチン製造は中小メーカーが担っている事情もある。

 そこで厚労省は、メーカーと医療機関、研究者の代表らによる推進委をつくり、患者ニーズや人材育成などについて産官学で情報交換を深める。メーカーが国の研究施設を活用できるよう協議も進めるという。

 国内での承認審査に必要な症例数や、市販後調査での安全性評価などについての指針作りにも取り組み、承認例が少ないため考え方が確立していない現状の改善を目指したいとしている。

 国内でここ10年間で承認された新たなタイプのワクチンは、細菌性髄膜炎を予防する乳児向けのHibワクチンのみ。一方、米国では10品目ほどが承認されていて、鼻に噴霧して粘膜に抗体をつくるインフルエンザワクチンや、A型もB型も予防できる肝炎ワクチンなどは、日本でも早期承認が望まれている。

 ワクチンに詳しい神谷斉・国立病院機構三重病院名誉院長は「世界基準よりも厳しい日本のワクチン製造基準の改定や、研究者を育成できる企業体制の確立が必要。任意接種のワクチンの定期接種化を進めることも求められる」と話している。



 新薬開発に旨みがありませんからねぇ。莫大な研究費をかけて開発できなかったら会社が傾きかねませんし、もし開発したとしても今の日本じゃそこまで旨みがありませんからね。

 製薬会社が金にうるさいとかそういうことを言っているわけではなく、国が資金を負担すべきだろうということです。資金さえあればアメリカに劣りません。国が出資した分は、国外に売って取り返してもいいですし。

 しかしアメリカの、鼻に噴射するワクチンや、A、B両方の肝炎ウイルスを予防するワクチンなどはイイですね。はやく日本でもこういったワクチンを作れるような創造ルートが構築されればいいんですけれど。

関連
医学処 岩手医科大の藤岡知昭教授が膀胱癌のワクチン療法を開発
医学処 埼玉医科大学がアルツハイマー病のワクチンを開発。


広告
posted by さじ at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。