2007年03月18日

1個の角膜細胞から角膜上皮組織を再生することに東大チームが成功

角膜組織、細胞1個から再生 東大病院チーム成功

 薬品や薬の副作用で角膜の表面が大きく傷ついたため起きる視力低下の治療に欠かせない角膜上皮組織を、1個の角膜の細胞から作製することに東京大病院の研究チームが成功した

 これまでは角膜の正常な部分を2平方ミリ・メートル採取して培養する必要があったが、今回の方法を使えば、組織のもとになる幹細胞が1個でも採取できれば、視力回復につなげることが期待できるという。横浜市で開かれている日本再生医療学会で13日、発表した。

 同病院角膜組織再生医療寄付講座の山上聡客員助教授と横尾誠一助手らは、人間の角膜から黒目周辺の角膜輪部という部分を採取し、酵素でバラバラにして培養した。その結果、約1週間で直径約0・3ミリの塊になり、3週間後には直径約2センチのシート状の角膜上皮組織ができた。この組織は通常の角膜上皮組織と同じ三次元構造をしていた。

 山上客員助教授は「数年以内の臨床応用を目指したい」と話している。



 おお凄い。角膜の臓器移植は数が足りませんが、この技術が臨床的に応用できればかなりの人の視力が回復すると思われます。たった1個の細胞からでも培養してシート状に出来るとは、驚くべき再生医学です。

 21世紀は再生医学の時代です。2007年はどんな進歩が見られるのか、期待は高まります。

関連
医学処 角膜培養による視力回復法、旭川医大でも成功。
医学処 細胞シートによる再生医療、いよいよ臨床応用段階に
医学処 ベルツ賞に、再生医学による重症角膜疾患の新規治療法


広告
posted by さじ at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。