2007年03月13日

貧困ゆえに虫歯の治療を受けられなかった少年が死亡する。

虫歯治療受けられず黒人少年死亡 格差社会の現実象徴

 米メリーランド州で先月末、12歳の貧しい黒人少年が虫歯を悪化させ死亡した。貧困層が最低限の医療さえ受けられない格差社会の現実を浮き彫りにした。

 デーモンド・ドライバー君は今年1月、ひどい歯痛を母親に訴えた。病院に運ばれたとき虫歯の黴菌が脳に回っていた。2度手術を受けたが、先月25日死亡した。

 「80ドルのお決まりの抜歯で彼は救われたに違いない」と、28日付のワシントン・ポスト紙は報じた。なぜ虫歯の治療が受けられなかったのか。

 一家はマイホームを持っておらず、定職のない母親は無保険。低所得者向け公的医療保険「メディケイド」に加入していたものの、失効させていた。母親は6本も虫歯があるデーモンド君の弟に治療を受けさせるのがやっとだった。

 米国には日本と同じような国民皆保険制度がなく、低所得者と身体障害者にメディケイド、高齢者向けにはメディケアという公的医療保険制度が設けられている。しかし同州の5500の歯科医のうちメディケイドの患者を受け付ける医師は900しかいないのが実情だ。母親も「歯科医を探すのは難しかった」と打ち明ける。

 デーモンド君の死はCNNや米議会でも取り上げられた。「医療保険制度の欠陥から学び二度と起きぬよう行動する必要がある」。同州のカーディン上院議員(民主)はすべての子供が良質の歯科治療を受けられるよう4000万ドル(約47億3500万円)規模を補助する法案を提案した。

 医療保険に加入していない国民は4660万人(16%)。公的保険の負担が増えれば政府の財政が圧迫されるジレンマがある。



 世界に誇る日本の国民皆保険制度。アメリカも州によっては導入を検討しているらしいですね。確かに財政的には圧迫されるでしょうが、それでも国民の健康を保障するのが国の役目では?

 アメリカのほうが発達した医療だ、と日本人でたまに言っている人がいますが、それは日本人の中でもかなり上層の、お金のある人が受けられる医療サービスの話です。実態は逆。一般市民でも平等な医療を受けることができる日本の医療こそが、世界一優れているのです。

関連
医学処 医療制度改革法が成立し、高齢者の負担が増大する
医学処 米国の医療保険に大きな穴があり加入者は悲鳴
医学処 低身長の成長ホルモン治療が医療保険の対象になるかで議論
広告
posted by さじ at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。