2007年03月12日

松坂も使っている、競技者用コンタクトレンズ「マックスサイト」

松坂メジャー初被弾で初失点、二回まで快投も4回4失点

 レッドソックスの松坂大輔投手(26)が、オリオールズ戦でオープン戦3度目の先発登板。二回までは1安打2奪三振の快投だったが、三回にオープン戦初被弾で初失点。続く四回にも2点本塁打を含む3失点と崩れ、結局4回6安打4失点、3奪三振だった。次回は16日(日本時間17日)のドジャース戦(ベロビーチ)に先発する。

 オープン戦3度目の登板は、同じア・リーグ東地区のオリオールズが相手。前日10日から怪物の“目の色”が変わっていた。

 「初めてつけました。デーゲームでは日差しが日本よりも強くて、この前のマーリンズ戦(6日)でも、キャッチャーのサインが見づらかったので、試してみようと思いまして…」

 練習後、松坂は目からソフト素材のコンタクトレンズを外した。たしかにそれはオレンジ色。ナイキとボシュロムが共同開発した「マックスサイト」で、度は入っていない運動用のコンタクトだ

 普段の練習ではサングラスを着用することが多いが、試合では「サングラスをしてピッチングするわけにはいかないから」と、裸眼でマウンドに上がっていた。

 ところが、前回登板のマーリンズ戦では強い日差しが気になった。照り返しによるサインの見づらさに加え「打球も速さを感じるというか、(打球との)距離感がつかみにくいんです」。対策として取り入れたのが“コンタクト型サングラス”だ。松坂が使用する「アンバー」と呼ばれるカラーは野球やテニスなど、速いボールの動きに適しているという。

 「見え方はサングラスと同じで、オレンジっぽく見えますね。すごくボールが見やすかった

 そう話していた松坂だったが、目の色を変えて臨んだマウンドで…。この秘密兵器がシーズンに向けての大きな武器になることも実証された。

 ロッテのズレータは、2月の豪州キャンプで、強い日差しに適応するため、赤色のコンタクトレンズを装着して練習した。「視界が明るくなってボールも見やすい」。鮮明度が向上し、目標物がはっきり見えるようになるという。赤系のレンズはハイスピードの目標物を追いかける野球に適しており、米大リーグでもレッズのケン・グリフィー外野手(37)らが愛用している。



 こちらがナイキのマックスサイトです。強い紫外線やまぶしい光を抑えて対象物を見やすくするそうです。「視覚ノイズ」の主要素である青色光の90%をカットして対象物を際立たせることが可能となるため、主に球技などで役に立つのではないでしょうか。

 これは室内スポーツだとどうなんですかね。室内では屋外ほどの光はないにしろ、案外体育館などの蛍光灯は白いボールを見えづらくするので、効果は期待できそうですが。初速最高といわれるバドミントンや、世界一速いスポーツと言われる卓球などでも、高速のシャトルやボールを捉えるのに良さそうです。

関連
医学処 番長もヤラれた風邪にご注意
医学処 よく運動する人は加齢性黄斑変性のリスクが減少する
医学処 神経細胞の活動を知る新たな手法を京大グループが開発


広告
posted by さじ at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。