2013年04月15日

睡眠障害が視交叉上核にある時計細胞によって生じる

時計細胞のリズムに乱れ 睡眠障害、マウスで確認

 北海道大学大学院医学研究科の本間研一教授(時間医学)らのグループは、遺伝的な睡眠障害の一つが、脳内にある「時計細胞」が刻むリズムの乱れによって生じることをマウスの実験で突き止めた。10日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

 グループによると、体内時計をつかさどっている時計細胞は、視神経の交差する「視交叉上核」にあり、1日周期のリズムを生み出している。今回、遺伝子の異常により、睡眠と覚醒を不規則に繰り返す睡眠障害のマウスの脳を観察すると、個々の時計細胞の刻むリズムが、正常なマウスと違い、まちまちになっていた。



 眠りの質を改善しようとすると、まずは生活リズムを一定にすることや、運動をすること、それでもダメなら眠剤で調整という流れですが、それに加えて遺伝子異常によって起こる可能性も。時計細胞に働きかける薬というのも出来てくるのかもしれません。
広告
posted by さじ at 02:11 | Comment(1) | 精神
この記事へのコメント
久しぶりにコメントをさせて頂きます。学生時代の生理学兼解剖生理学の教授より「シナプス」について熱い講義を受講しました。生命の不思議と幼いころから気になっていた「眠り」についてかなり理解することが出来ました。日常において、度々、人は、よく行動や性格を理由に「睡眠不足じゃない?」としつこい位に話をしている方を見受けます。しかし、神経系や元々持ち合わせている細胞と細胞核にまだまだ、未確認できていない部分があるのだと私は、思います。
Posted by 植田菜穂美 at 2013年04月22日 02:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。