2007年03月06日

20代の女性が関心を集めているオーラルケア市場について

やはり気になる「お口の臭い」 オーラルケア市場拡大、20代女性が牽引

 老若男女を問わず、口の中の健康は気がかりで、マウスウォッシュなどのオーラルケア市場は今後も拡大傾向にある…。マーケティングリサーチ最大手、インテージ(東京都千代田区)が首都圏在住の消費者を対象に実施したオーラルケアに関するアンケート(有効回答482人)でこんな結果が明らかになった。

 それによると、口の中の健康で最も気になるところ(複数回答)は、「歯垢・歯石」(81・1%)がトップで、「虫歯」(74・9%)、「美白」(65・4%)などが続き、口臭に関しては「自分」(71・1%)より「他人」(85・0%)の口臭のほうが気になるという結果が出た。

 とくに、20代の女性は他の世代に比べて口の中の健康に敏感なようで、9割の20代女性が歯の美白を気にしていると回答、口全体の美意識が高い。

 こうした意識はオーラルケア商品の消費行動にも変化をもたらしており、4年前と比較すると、歯ブラシや歯磨き粉といった主要商品に代わり、最近ではマウスウォッシュ、歯間ブラシといった周辺商品が市場を牽引している。

 商品を選ぶときどんな機能を重視するか、の問いには、歯磨きの場合は「虫歯予防」(63・1%)、「口臭予防」(49・8%)、「歯周病予防」(44・2%)が多く、マウスウォッシュでは「口臭予防」(41・9%)がトップだった。

 今回の調査結果について、同社の茜ヶ久保佳子マーケット・アナリストは、「オーラルケアは歯磨き粉や歯ブラシから、マウスウォッシュなどとの併用が進む。メーカーの多岐にわたる商品開発や歯科医の啓発などと相まって、今後もオーラルケア市場は拡大する」と分析している。



 一度歯科医に行って、ちゃんとケアしてもらった上で、適切な食事を行い体質改善をする。それで口臭の大部分は防げると思います。

関連
医学処 東京理科大と大阪大が歯をまるごと再生させることに成功する。
医学処 親知らずから、歯の幹細胞を取り出し自分の歯を再生する
医学処 妊娠中からキシリトールを摂れば、赤ちゃんの虫歯予防になる


広告
posted by さじ at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。