2007年03月05日

遺伝子治療により、メスになるはずの受精卵をオスに変更。

メス→オス、メダカの性転換に成功…新潟大など

 自然科学研究機構・基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)と新潟大大学院の研究グループが、遺伝子を操作して人工的にメダカのメスをオスに性転換させ、その精子を使って子メダカを誕生させる実験に成功した。

 世界初の成果で、米国科学アカデミー紀要電子版に20日掲載された。

 同研究所の長浜嘉孝教授と新潟大大学院の酒泉満教授らは、メダカの性決定遺伝子を2002年に発見している。今回、オスの性決定遺伝子をメスになるはずの受精卵に入れたところ、孵化した58匹のうち13匹に精巣ができた。うち8匹は受精可能な精巣で、受精させると、多くの子メダカが誕生した。

 性決定遺伝子は、人間とマウスでも見つかっている。メダカの性決定遺伝子の構造や働きを詳しく調べることが、哺乳類の性決定の仕組みの研究にも役立つという。



 生殖領域はどんどん解明されていきますね。性決定遺伝子をいじれば性別までも思いどおりに「変更」できるそうで、できんことは何もないって感じすらします。人間でやるとまた話は違ってくると思いますが。

関連
医学処 おばあちゃんが娘の卵子と婿の精子で代理出産。
医学処 子供がいる性同一性障害者でも、性別を変更できるように
医学処 体は女、心は男の性同一性障害者が綴る「ダブルハッピネス」


広告
posted by さじ at 03:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。