2007年03月01日

出産時の大量出血に備えて自己輸血用に血液採取しても、問題はない

妊婦の自己輸血「通常なら問題なし」・国立成育医療センター

 ひどい貧血の妊婦でなければ、出産時の大量出血に備えて自己輸血用の血液を採取しても大きな異常は見られないとする研究結果を、国立成育医療センター周産期診療部の研究チームがまとめた。125人の妊婦を対象に承諾を得て採血し、出産前後で母子の健康状態を確認した。同センターは「通常なら安全上問題がない」としている。

 妊婦は貧血となる傾向が強いほか、胎児への影響を危惧することもあり、自己血輸血が控えられている。研究成果を受けて研究チームは今後、自己血輸血の実施ガイドラインを作成し、学会などを通じて提案していく予定。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 むしろ出産時の出血による脳の低酸素のほうがヤバそうですからね。赤血球の寿命は120日。自己血輸血を視野にいれたガイドライン作りが始まりそうです。

関連
医学処 妊娠後期にアスピリンの使用は禁忌とする方針
医学処 産婦人科学会が、出産のための24時間支援センター開設を提言
医学処 オシャレをし続けたい妊婦のための、進化したマタニティーウェア


広告
posted by さじ at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。