2007年02月28日

ビタミンCをしっかりとる人は、老人性白内障になりにくい。

ビタミンCで白内障予防、発症リスク約4割減

 ビタミンCを食事からしっかり摂取している人は、老人性白内障になりにくいことが、厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の疫学調査で明らかになった。

 加齢に伴って起きる水晶体のたんぱく質の酸化が老人性白内障の原因と考えられているが、研究班は「ビタミンCには、これを防ぐ働きがあるとみられる」としている。

 調査は、1995年に45〜64歳だった約4万人を対象に行われた。食事の内容からビタミンCの平均摂取量を割り出した上で、2000年の時点で、老人性白内障と診断されたかどうかや手術歴などを尋ねるなどして、摂取量と、この目の病気を患う危険性との相関関係を割り出した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 なるほど。理に適ってますね。ビタミンCって色んな食材に含まれていますが、食後にフルーツを食べる習慣のない人にとっては取りにくいかもしれません。できるだけ摂取するよう心がけて生活してみてはいかが。

関連
医学処 埼玉医大の米谷新教授が、インドで白内障の無料手術を続ける
医学処 弱視の治療用眼鏡に保険が適用されることになった


広告
posted by さじ at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。