2013年03月07日

吉祥寺事件、脱法ハーブが関連している可能性がある。

逮捕の18歳少年、脱法ハーブ所持か 

 東京・吉祥寺の路上でアルバイト(22)が刺殺され財布などが奪われた事件で、強盗殺人容疑で逮捕された日本人の少年(18)の所持品から、脱法ハーブとみられる植物片が見つかり、警視庁が押収していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 少年は犯行の動機について「金が欲しかった」と供述しており、警視庁は植物片の鑑定を進め、事件との関連を調べている。

 一方、同容疑で逮捕されたルーマニア人の少年(17)が、山田さんを背後から刺したのは「確実に(現金などが)取れるから」と供述していることも判明。「死ぬとは思わなかった」としているが、山田さんの背中には肺に達する深い傷があり、強く刺したとみられることから、警視庁は犯行時の詳しい状況を捜査している。



 ただ金を奪うだけなのにいきなり思い切り刺すあたり、なんか変ですけれど、これが果たして脱法ハーブの作用なのかどうかは分かりません。

 なぜならいま売っている脱法ハーブには「何の合成カンナビノイドがどれだけ入っているか全く分からない」からです。

 ここが、覚せい剤や大麻などと違って、メチャクチャコワイところです。まず脳への障害がスゴイ。人によっては1発でわけがわからなくなります。急性症状が抜けた後も、何割かの人は後遺症として残ることがあります。使ってよい量が全く不明なので、容易に過量服薬してしまうのです。

 脱法ハーブだけは、やめておいたほうがいい。あなたは、合法・脱法だからといって、脳を壊す物質を自らの手で吸収しますか?


広告
posted by さじ at 22:43 | Comment(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。