2007年02月18日

キヤノンが、社員の不妊治療費を100万円分補助する。

キヤノン、不妊治療費100万円補助

 高額な費用と時間がかかる不妊治療を受ける社員とその配偶者に対し、キヤノンが通算で最大100万円の補助や、治療期間をすべて休暇にできる制度を4月に導入する。不妊治療支援制度が電機業界で広がるのには、手厚い福利厚生で優秀な社員を囲い込む狙いがありそうだ。

 キヤノンは、保険の適用外となる体外受精や顕微授精、人工授精を受ける社員とその配偶者を対象に、100万円を上限に治療費の半額分を負担する。女性社員には治療に必要なだけ休暇も認め、妊娠が確認できた時点で出産休暇に入れるようにする。NECも年20万円を上限に通算5年間で最大100万円の補助を10月にも始める。

 厚生労働省によると、不妊治療を受けている人は02年度推計で約46万人で、1人あたりの治療費は年200万円前後と高額だ。電機連合は昨春闘で不妊治療休暇・休職制度の新設を統一要求に掲げ、労使合意が相次ぐ。

 松下電器産業は昨年4月、治療を理由に最長1年休業できる制度を導入。シャープも独自に最大500万円の低利融資制度を新設した。ただ、女性を中心に「職場に知られる」との懸念は根強い。治療は連日の通院となり、長期間かかることも珍しくないからだ。

 これに対し、NECは「補助だと上司の承認がいらず、よりプライバシーに配慮できる」と説明する。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 出来る企業!!言い換えれば世界に羽ばたく企業か。非常によくわかってらっしゃる。現在日本人夫婦の1割が不妊症という現状。少子化がどうのこうのと言っている割には、一番有効であろう「不妊治療を保険適用にする案」も進まない国家。そんな市民にもっとも理解を示す企業こそ、これからの日本を担う最先端ですね。

関連
医学処 無精子症でも新技術で取り出せば出産率が25%にも上昇する。
医学処 首都圏を中心に、男児の出生率が低下中
医学処 未婚でも白血病治療を受ける前に卵子を凍結保存しておける


広告
posted by さじ at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。