2007年02月17日

本日2月17日より3日間、第101回医師国家試験が行われる。

医師国家試験の施行

 医師法(昭和23年法律第201号)第10条の規定により、第101回医師国家試験を次のとおり施行する。

試験期日 平成19年2月17日(土曜日)、18日(日曜日)及び19日(月曜日)

2  試験地 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、熊本県及び沖縄県

3  試験内容
 臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能

4  受験資格
(1)  学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学において、医学の正規の課程を修めて卒業した者(平成19年3月27日(火曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)
(2)  医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練を経たもの(平成19年3月27日(火曜日)までに実地修練を終える見込みの者を含む。)→詳細はこちらへ
(3)  外国の医学校を卒業し、又は外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定したもの →詳細はこちらへ
(4)  沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令(昭和47年政令第108号)第17条第1項の規定により医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定したもの

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 とうとう、始まりました。医学生の集大成の評価を行う、医師国家試験です。3日間で全てを出し切るわけですが、まぁこれがキツイ。実力はあってもちょっとしたミスで落とされることもあります。いわゆる禁忌問題っていうヤツです。

 もし落ちてしまうと、マッチングによって内定した病院にはいけず、1年間、「国試浪人」としてただひたすら勉強することになります。できれば全員受かってほしいとは思うんですけどねー。

 今年も一番プレッシャーかかっているのは防衛医大でしょうか。是非とも、昭和大学と防衛医科大学には、連続全員合格を達成してもらいたいものです。頑張れ受験生!


広告
posted by さじ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。