2007年02月16日

国立循環器病センターから麻薬を盗んだのは麻酔科医の福田稔

麻薬盗んだのは麻酔医…大阪の国立病院

 大阪府吹田市の国立循環器病センターから麻薬系鎮痛薬「フェンタニル」が盗まれた事件で、吹田署は15日、同市青山台、同センター麻酔科医師の福田稔容疑者(36)を窃盗容疑で逮捕、自宅から空のアンプル30本を押収した。福田容疑者は容疑を認めており、同署は余罪のほか、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑でも追及する。

 調べでは、福田容疑者は1月15〜29日の間、同センター3階の麻酔科の金庫に保管されていたフェンタニルのアンプル(2cc入り)30本を数回にわたって盗んだ疑い。フェンタニルは麻薬指定され、毒性が強く、鎮痛効果はモルヒネの200倍とされる。福田容疑者は「疲れた時や寝つきの悪い時に注射した。すべて自分で使うために盗んだ」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 えええええ。何でやってしまったんでしょう。バレないとでも思っていたんでしょうか。いささか浅はかでしたね。おそらく医師免許も剥奪でしょう。人生オワタ。

関連:国立循環器病センターで患者情報の入ったパソコンと麻薬が盗難に


広告
posted by さじ at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。