2007年02月08日

2006年にエイズウイルスに感染した人は1304人で過去最高

エイズ1304人、昨年の感染・発症最悪

 昨年1年間に、エイズウイルス(HIV)に感染した人とエイズを発症した人の報告数は、過去最高の1304人(速報値)に上ったことが7日、厚生労働省エイズ動向委員会の調べでわかった。

 報告数が1000人を超えたのは、2004年から3年連続となった。同委員会によると、昨年の感染者数は914人、患者数は390人(いずれも速報値)で、いずれも過去最高となった。05年に比べ、30歳代以上の中高年で感染者・患者数が増えていた

 同委員会委員長の岩本愛吉・東大医科学研究所教授は「感染者のほとんどは性感染なので、エイズが身近な病気だということを理解し、予防と検査を心がけてほしい」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ヒエー。大丈夫なんでしょうか日本は。例えばの話ですけど、HIVに感染すると額に直径2cmの黄色いできものができるとしましょう。そしたらみんな、その人とはセックスしないと思いませんか?でも、分からないから、セックスして、感染してしまう。これは恐ろしいことです。何故避妊せずに色んな人とセックスしてしまうのか。恐ろしくないんでしょうかね。実際増加傾向なところを見ると、決して非現実的な話ではありません。身近に迫る危機ですよ。相手が生でしたいって言ってきたら疑ったほうがいいかもしれません。意図的にうつそうとしている相手だとしたら、避妊以外にどういう防止法があるんですか。


広告
posted by さじ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック