2007年02月05日

国立循環器病センターで患者情報の入ったパソコンと麻薬が盗難に

<鎮痛薬>30本紛失 患者情報パソコンも 国循センター

 国立循環器病センターは2日、延べ約1100人分の患者の個人情報が入った私有パソコンと、麻薬指定されている鎮痛薬30本が紛失したと発表した。パソコンは、小児科の男性医師が病院内の医局で許可なく94年以降の患者情報を入力し、通勤用のカバンに入れていたが、昨年12月22日に紛失に気づいた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 やらかしたなぁ国立循環器病センターも。麻薬指定されている薬物とは合成麻薬性鎮痛薬「フェンタニル」だそうです。金庫内に保管されていたということは確実に内部の犯行ですな。いやはや、恐ろしい。

関連
医学処 東京大学で青酸カリが粗大ゴミに出される
医学処 長崎大学でクロロホルムが盗まれる
医学処 県立木本高校の身体測定記録カードが紛失する
医学処 長崎大学病院でパソコン内の患者データが盗難に


広告
posted by さじ at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。