2007年02月02日

埼玉医科大学がアルツハイマー病のワクチンを開発。

埼玉医科大など、アルツハイマー病ワクチンを開発

 埼玉医科大学、南フロリダ大学などの国際チームは、アルツハイマー病を治療するワクチンを開発、マウスの実験で安全性と有効性を確認した。脳内にたまる原因とされるたんぱく質が半減した。成果は近く米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

 注射で投与するタイプを中心に国内外でアルツハイマー病ワクチンの研究開発は盛んだが、髄膜炎や軽い脳内出血などの副作用が出るとの報告もある。今回開発したワクチンは、皮膚に直接塗ったりパッチにして張ったりして体内に吸収させることが可能で、実現すれば治療時の患者への負担も少なくて済むという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 経皮投与でも効果ありとはいいですね。副作用もなく、効果のあがるものでしたら期待できそうです。その人の人格すらも奪ってしまうような病気ですから、余計に期待がかかります。

関連
医学処 ジュースを週3で飲む人はアルツハイマー病発症率が76%低い
医学処 PS3を癌やアルツハイマー病の新薬研究に活用する
医学処 アルツハイマー病の原因物質が何かを韓国チームが特定


広告
posted by さじ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。