2007年02月02日

体重6577グラムの大きな赤ん坊が生まれる。

大きな赤ちゃんが誕生、体重6577グラム メキシコ

 メキシコ東部ユカタン半島の先端のリゾート町カンクンで1月末、体重6577グラム、身長59センチと、とても大きな男の赤ちゃんが生まれ、話題になっている。

 アントニオちゃんと名付けられ、「スーパー・トニオ」と親しまれている赤ちゃんは、1月29日早朝に、帝王切開で誕生。体は非常に大きいが、健康な状態だという。

 病院の医師は、少し血糖値が高いと話しているが、きちんと管理すれば数日以内に問題ない状態になる、としている。

 母親のテレサ・アレハンドラ・クルスさん(23)と、父親のルイス・バスコンセロスさん(38)は、アントニオちゃんを自慢しており、アントニオちゃんが眠る新生児室には毎日、多くの見物人が訪れている。

 クルスさんが7年前に出産した娘も、5198グラムと、平均より大きな赤ちゃんだったという。

 ギネスブックによると、世界で一番重い赤ちゃんは、1955年9月にイタリアで生まれた男の子で、1万206グラム(10.2キロ)だった。最近では、2005年1月にブラジルで、7569グラムの赤ちゃんが誕生している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 何かの病気ではないんでしょうかね。先天的というより、母体側の。まあ元気に育ってくれるなら何も言うことはないんですが、血糖値が少し高いというのがちょっと気になります。

関連
医学処 重い病気をもった赤ん坊の延命治療中止問題
医学処 新生児には照明の切り替えが大切。常時照明は悪影響を
医学処 赤ん坊に自発的なサインを覚えさせる運動がさかんに


広告
posted by さじ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。