2007年02月01日

岩手医科大の藤岡知昭教授が膀胱癌のワクチン療法を開発

岩手医大で世界初、膀胱がんにワクチン療法開発

 岩手医科大の藤岡知昭教授と東京大医科学研究所ヒトゲノム解析センターの中村祐輔教授らの研究グループは1日、遺伝子を使った膀胱がんのワクチン療法を世界で初めて開発したと発表した。

 岩手医大の倫理委員会の承認を得ており、今月中にも臨床研究を開始。2年以内に治療法の確立を目指す。

 藤岡教授らは、膀胱がんの細胞に高い割合で現れる二つの遺伝子を発見。遺伝子をHLA(ヒト白血球抗原)と結びつけてワクチンを開発した。ワクチンを膀胱に注入すると、患者のリンパ球が異物侵入と認識して活性化し、同じ目印を持つがん細胞を攻撃するという。血液を使った実験で成果と安全性が確認されたとして、臨床研究に踏み切ることを決めた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 つまり癌組織と同じ抗原性を持つワクチンを入れることで、わざと免疫機能を活性化させ、更には癌細胞を直接攻撃してやろうという手法なわけですか。これ成功してデータもとれたら相当凄い治療法になりますね。

関連
医学処 重さ1kgの結石が膀胱に形成され、除去手術を受ける
医学処 自身の細胞から膀胱組織を再生し移植に成功


広告
posted by さじ at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。