2007年01月30日

国民の1/3が寝不足のフランスで、安眠キャンペーンを実施

「国民よ、もっと眠れ」 仏政府が安眠促進キャンペーン

 フランス政府は29日、国民の3人のうち1人が寝不足だとして、職場でのシエスタ(昼寝)奨励や睡眠に関する研究の促進などを盛り込んだ「安眠アクションプラン」を打ち出した。

 ベルトラン保健相は記者会見で、寝不足の人のうち全人口の約6分の1にあたる1000万人の国民が睡眠不足に起因する疾患になる危険があると警告。「交通事故の2割は眠気と関係ある」「睡眠不足が学校での落ちこぼれに結びついている」などと指摘した。

 さらに同相は「眠気について語るのをタブーにはしてはいけない」と述べ、職場で15分間の昼寝をとる試みへの参加を企業に呼びかけた

 仏政府は安眠の効用研究や周知に今年、予算700万ユーロ(11億円)を計上。子どもも十分な睡眠をとるべきだとして、今後3年間に1000カ所の託児所と幼稚園の防音を強化するという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 国が動くというのは珍しい。日本ももっと眠るべきです。会社にしろ学校にしろ、「眠らないでいるのが美徳」みたいなところ、ありますよね。でも実際は十分な睡眠をとらないと、後々弊害となって襲ってくることもあります。毎日6、7時間の睡眠は維持しておきたいものです。健全な社会構築のためにも。

関連
医学処 睡眠時間は7時間より長くても短くてもうつ状態が強くなる
医学処 「早寝早起き朝ごはん」すると自信がつき不安が消える。
医学処 毎日の就寝起床時間を記録して睡眠時間を計算するブログを公開。
医学処 睡眠時無呼吸症候群にCPAPマスクをつけても脳梗塞の危険は残る


広告
posted by さじ at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。