2007年01月30日

胃に入れるべき栄養チューブを誤って気管支に挿入し死亡

チューブ誤挿入、患者死亡=流動食、気管支に−徳島

 国立病院機構東徳島病院(徳島県板野町、大木崇院長)は27日、入院中の80代の女性患者の気管支に栄養チューブを誤って挿入し、患者が死亡したと発表した。同病院から連絡を受けた県警板野署は、業務上過失致死の疑いもあるとみて調べている。

 同病院によると、女性看護師が14日、肺炎で入院中の女性患者の鼻から栄養チューブを挿入した。16日に容体が悪化したためエックス線撮影したところ、胃の中へ入れるべきチューブが気管支に入っていたことが判明。胸腔内に入った流動食を取り除き治療したが、27日早朝に死亡した。司法解剖して詳しい死因を調べる。 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 なんか去年も同様の医療ミスをみたような気が…。ありがちなミスですが、だからこそ気をつけなければいけないポイントなわけです。二度とないようにしないといけません。

関連
医学処 無知は恥ではない。罪だ。
医学処 神戸大学医学部付属病院で酸素チューブが外れて低酸素脳症に


広告
posted by さじ at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。