2007年01月29日

3年で使用されなくなる子供用の車椅子を海外に贈ろう。

ブルガリアに車いすを 琴欧洲関も参加し整備

 使われなくなった子ども用車いすを海外へ贈る活動を続けている福生市のNPO法人「海外に子ども用車椅子を送る会」(森田祐和会長)は27日、同市内の自動車整備工場で、ブルガリアへ贈る車いすの整備作業を行い、同国出身の大関・琴欧洲関も作業に参加した。

 日本では、子ども用車いすを購入する際には公的補助が受けられることや、子どもが成長することから、通常は3年程度で車いすの買い替えが行われるが、使用後の車いすは廃棄されてしまうケースが多いという。一方、海外では車いすを買えない子どもも多いと知った森田会長らは2004年6月に同法人を発足。これまでに、マレーシアやベトナムなど4か国に計約500台の車いすを贈ってきた。

 この活動を知った琴欧洲関から「ブルガリアにも」と依頼を受けた同法人は、100台の車いすを早ければ4月中にも同国へ贈るため、準備を進めている。

 この日の作業には、ボーイスカウトあきる野第1団の子どもたちや、都立多摩工業高(福生市)の生徒らも参加。琴欧洲関が姿を見せると、「大きい」と歓声をあげながら、布やブラシを使って、フレームにたまったホコリやシートの汚れなどを取り除いた。

 琴欧洲関は「車いすが3年ぐらいで捨てられてしまうと聞いてびっくりした。ブルガリアでは、高価な車いすが買えずに外に出られない子どももたくさんいるので、きっと喜んでもらえる」と話していた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 正直、私も3年で買い換えるという事実にびっくりしました。さすがに3年で壊れることはないでしょうから、この活動は大きな意味があるとおもいます。

関連
医学処 電通大の田中一男教授、脳波で動かす車椅子を開発
医学処 水洗トイレ一体型の車椅子を開発。
医学処 従来の2倍の性能をもつ、燃料電池式車椅子が完成。


広告
posted by さじ at 03:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
このブログは面白いです。
Posted by at 2007年01月29日 18:11
ありがとうございます。頑張ります。
Posted by さじ at 2007年01月30日 23:29
高齢者施設にも送ってもらえないかな。85歳以上の女性高齢者は140cm35kgぐらいの小柄な方が沢山いるので、スタンダードの車椅子では中で「泳いで」しまうのです。欲しい施設は沢山あると思う。
Posted by at 2007年02月02日 20:36
んーなるほど。確かに身長体重としてはあまりかわらないかもしれませんね。需要は確かに多そうです。処分されてしまうものならいただけないものですかねー。壊れてしまった時に骨折とかしやすいから無理なんでしょうか。
Posted by さじ at 2007年02月02日 22:15
我が家の娘は少し歩くだけで呼吸困難を起こしてしまいます

母子家庭でとても車椅子なんか
買えたもんじゃありません
小さな身体で
買い物の時等は
大人用の車椅子に乗って
行動しています

我が家にも
譲っては
いただけないものでしょうか

海外でなくて
同じ国内ではダメですか

ちなみに身長108センチ
体重16キロの8歳の娘です
Posted by めー at 2009年05月19日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。