2007年01月29日

「あるある」のレタスに快眠効果があるという実験も捏造だった

番組ねつ造:98年放送「レタス快眠」も 実験の教授証言

 レタスの快眠効果を記述したページ=扶桑社「発掘!あるある大事典3」から ねつ造が明らかになって打ち切られた関西テレビ制作の番組「発掘!あるある大事典2」の前身の番組が98年10月25日に放送した「快眠」で、レタスの催眠作用についてマウスを使って実験した千葉科学大の長村洋一教授(健康食品学)は「マウス実験では眠らなかったのに、あたかも眠っているように映像を編集されたうえ、効果があるという別の大学教授のコメントと一緒に流された」と実験内容が改ざんされていたことを27日、毎日新聞の取材に証言した。番組は96年10月から放送を開始しており、番組初期から長年にわたり、ねつ造された可能性が出てきた。

 問題の番組は「発掘!あるある大事典」(04年3月に終了。同4月から同2が始まった)。

 長村教授によると、同番組の制作担当者から「レタスを食べるとよく眠れるという実験をしてほしい」と依頼され、マウス約20匹を使ってジュース状にしたレタスを一つのグループに与え、もう一方のグループには同量の水を与えて変化を観察した。

 この結果、マウスはほとんど変化が起きず、水を飲ませたマウスとの違いも出なかった。実験に立ち会い、撮影していた番組制作者は「眠りませんでしたね」と帰った。

 しかし、放送では、長村教授が実験した模様のうち一時的にかごの隅でおとなしくしているマウスの姿を流し、さらにテロップで「眠ってしまった!」と説明。実験には一切かかわっていない別の大学教授の「レタスに含まれる特定の成分には即効性がある」とのコメントが付けられ、あたかも眠る効果があったかのように編集、放送された。

 レタスの成分の中には微量だが、催眠成分があるが、コメントをした実践女子大の田島眞教授(食品学)は「レタスの成分の一般論として話した。放送を見るまでマウスで実験していたとは知らず、マウスで効果があったんだと思った。コメントをうまくつなぎ合わせるのは、『納豆』の構図と似ている」と話している。

 長村教授は「番組を見て、あきれてしまい、当時は抗議する気にもなれなかった。せめて学会ででも指摘しておけば、こんなでたらめは続いていなかったかもしれない。社会に真実を伝えるべき研究者として反省している」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 まあ正直、番組を見て抗議しなかったのは問題ですね。それでは加担したと想われても仕方ないと思います。広く大衆に伝える権力を有する立場だからこそ、教授という職にいる人はマスコミには気をつけてもらわないと。

 一番悪いのは勿論あるある大辞典ですけれど。

関連
医学処 あるある大辞典の納豆特集で全国の小売店が納豆品薄状態
医学処 嘘だらけの「あるある大事典2」、とうとう打ち切りか。


広告
posted by さじ at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。