2007年01月23日

嘘だらけの「あるある大事典2」、とうとう打ち切りか。

「納豆で減量」実験捏造…フジ系「あるある大事典」

 「ダイエット効果がある」として納豆を取り上げ、全国の小売店での品薄騒動を引き起こしたフジテレビ系のテレビ番組「発掘!あるある大事典2」を制作した関西テレビは20日、記者会見を開き、実験が「捏造」だったことなどを明らかにし、千草宗一郎社長が陳謝した。

 制作の手口も悪質で、テレビの信頼を損なったことから、番組打ち切りも含めた厳しい対応の検討を始めた。

 同局によると、実験の捏造が発覚したのは、7日放送の「食べてヤセる!!!食材Xの新事実」。アメリカのダイエット最新情報を基に、男女8人を対象に様々な形で納豆を食べてもらい、ダイエットの効果を検証する内容だった。1日2パックの納豆を朝晩に分けて食べ続け、2週間後に数キロやせたとする事例を紹介した。

 しかし実際は〈1〉アメリカのダイエット研究で、やせたとする3枚の比較写真は被験者と無関係〈2〉アメリカの研究者がダイエット効果を話したとする発言はなかった〈3〉実験した8人のコレステロール値、中性脂肪値、血糖値の測定はしていない〈4〉納豆の食べ方を変えて測定したとする実験結果は架空――など、取材や実験結果の大半は捏造だった。

 この番組については、12日に、週刊誌から放送内容は事実と異なると指摘があり、制作を委託した会社の日本テレワークなどに聞き取り調査をしたことから「捏造実験」が判明した。同局は「アメリカでの取材が難航し、制作会社の人間が追い詰められていたのが一因」と説明。実験をでっち上げた点については、「調査委員会を設置し、全容を明らかにした上で再発防止策を練る」としている。

 この日は、同番組を21日の放送からしばらくの間、中止する、と発表するにとどめたが、関係者によると、信頼性を根幹から揺るがす内容だったため、番組打ち切りなど、厳しい措置を取るものと見られる。

 千草社長は「事実と異なる内容を含む番組を放送いたしましたことは、報道機関としての信頼を損なうものであり、視聴者の皆様を裏切ることとなり、申し訳ございません」と陳謝した。

 この番組は1996年10月に「発掘!あるある大事典」としてスタート。2004年4月から、出演者を入れ替えるなどして「あるある大事典2」となった。ビデオリサーチの調べによると、「納豆はダイエットに効果がある」とする7日の放送の視聴率は、関東地区が14・5%、関西地区が17・4%だった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 捏造ということで、打ち切りコースですね。まあアレですよ、このテの健康番組はあったほうがいいのかというと、微妙なところですね。身近なところから医療情報を提供するのは悪いことではないのですが、医学というのはホント細かい作用が重複しているので、一概には言えないことが多いんです。それを1時間の番組でまとめるなど無理ですし、ましてや「番組として面白くする」には強調するしかないんですよね。でも情報を強調してしまうと、往々にして、視聴者は勘違いをします。代表的な例が歯磨きの「ハイドロキシアパタイト」とか。その物質の何十個もある効果のうちの1つだけを取り出して「ハイドロキシアパタイトは歯に良い」と言ってしまうわけです。

 これは怖いことですよ。納豆を食べれば血液はサラサラ、体重が減ると信じ込んで1日に何個も食べた結果、セレン中毒になったりする可能性もあるわけです。情報の鵜呑みだけはやめるようにしましょう。同様に、「名医ベスト100」とか「いい病院ベスト100」とかも、お金次第でランキングなんてどうとでも決まるんで信用しないようにしましょう。

関連
医学処 白インゲン豆ダイエット、全国で158人の被害者を生む結果に
医学処 あるある大辞典の納豆特集で全国の小売店が納豆品薄状態


広告
posted by さじ at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。