2007年01月19日

スマトラ沖地震の被害者が生活苦ゆえに相次いで腎臓を売り出す

援助なく腎臓売って生計=スマトラ沖地震被災者−インドの村

 18日付の英紙ガーディアンは、2004年12月のスマトラ沖地震・津波で被害を受けたインド南部タミルナド州の村で、援助不足から極貧に陥った村人らが相次いで自分の腎臓を売っていると報じた。

 同地震による津波はインド南部にも押し寄せ、数千人が死亡、数万人が家や土地を失った。同紙によると、この村は被災者らによってつくられたが、あまりの生活苦から腎臓を売る者が増え、その数は最高150人に達した。 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 悲惨ですね。被災者によって作られた村に仕事などあろうはずもなく…。国が何らかの対策を講じなければならんと思うのですが、十分な援助は行き届いていないようです。

関連
医学処 法整備が進んでいないため、外国人の臓器を高値で買い漁る日本人
医学処 胆のう除去手術を行っていた医師が患者の腎臓を盗み取る
医学処 腎臓移植事件で本当に悪いのは誰なのか
医学処 腎臓提供者に金銭を支払う仕組みを立法化すれば問題解決


広告
posted by さじ at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。