2007年01月11日

ビールの苦み「ホップ」の抽出物が、花粉症に効く

花粉症にビールの苦み成分「ホップ」の抽出物が効く 

 ビールの苦み成分「ホップ」の抽出物に、花粉症の症状を軽減する働きがあることが、日赤和歌山医療センターとサッポロビールの研究でわかった。

 ホップには腫瘍を抑制する働きなどがあることは知られていたが、アレルギー抑制効果が確認されたのは初めて。3月の日本農芸化学会で発表する。

 ヒスタミンは、くしゃみや鼻水といった花粉アレルギーの症状を引き起こす原因物質だが、研究チームはホップの抽出物に、このヒスタミンが免疫細胞から出てしまうのを抑える作用があることを確認した。

 さらに、花粉が飛散する昨年1〜4月、花粉症に悩む40人を半分に分け、一方にはホップ抽出物入りのスポーツ飲料を飲んでもらい、ホップが入っていない飲料を飲んだグループと効果をいろいろ比較した。

 その結果、花粉症の初期の段階から症状の緩和傾向が認められ、10週目以降、ホップ摂取群の方が鼻づまりなどの症状が緩和したことが確認された。症状緩和の程度は、花粉飛散量が多い日ほど著しかった。

 だが、ビールを飲んでも直接の効果はないという。研究グループは、この抽出成分を入れたスポーツドリンクなどの商品化を目指す。同センターの榎本雅夫・耳鼻咽喉科部長は「スギ、ヒノキ科両方の花粉症に効果が期待できる」としている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ビールでは意味がないということで。虫の良い話などはありませんな。やはりホップとして摂取しなきゃならないようです。今年の花粉は少ないようですが、それでもつらいものはつらいです。早めの治療を行うことが肝腎です。

関連
医学処 ビールの苦味を「うまい」と感じるようになるのは23歳から
医学処 1日に17本以上ビールを飲めば前立腺がんにならない
医学処 花粉症に朗報。来年の花粉は結構少ないらしい。


広告
posted by さじ at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 耳鼻
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック