2007年01月10日

社会人から医師へなれる道、メディカルスクールの設置に向けて

医師への道にも社会人コース 都が4年制大学院検討

 大学の医学部以外の卒業生や社会人にも医師への道を――。新たな医師養成をめざす専門職大学院「メディカルスクール」の設置に向けて、東京都が07年度にも検討を始める。研究や学問よりも診療や治療の実践に比重を置き、現行より2年短い4年で医師国家試験が受けられる「バイパス」をつくる試みだ。医師法などの改正が必要になるが、都は「質の高い医師の確保は急務。医師養成のあり方に一石を投じたい」としている。

 都の構想は、弁護士や検事を養成する法科大学院(ロースクール)や、公認会計士のための会計大学院などの医療版だ。モデルは臨床中心の米国のメディカルスクール。専門家の間には「別の分野を学び、いったん社会に出てから改めて医師を志す人には高い目的意識があり、患者としっかり向き合える」と指摘する声がある。

 都は07年度にも外部の専門家を交えた検討会をつくり、カリキュラムや教員の確保など具体的な内容を詰めていく。都立の首都大学東京や他の大学、病院への設置を想定し、臨床教育のために都立病院の医療現場を提供することを考えている。

 その前提として、医師法の改正を国に働きかける考えだ。現行では、海外の医学校の卒業生を除き、大学の医学部で規定のカリキュラムを最短6年間学ばなければ医師国家試験が受けられない。都内で先行実施ができるよう、国に構造改革特区を申請する方法も探る。

 医師数は、全国的にも都市部への集中や診療科によっての偏在が進んでいる。都内でも04年までの8年間で全体数は増えたが、小児科医と産婦人科医は8%強減った。都内の総合病院のある医師は「長時間勤務や医療訴訟などに直面し、働き盛りの病院勤務医が辞めていく」と嘆く。

 医療技術が高度化する中、医療訴訟の件数はここ10年間で倍増した。医師の説明責任への患者の意識も高まっている。

 メディカルスクールをめぐる議論では、文部科学相の諮問機関の中央教育審議会が大学院のあり方を検討する中で議題にあげたが、医療界の慎重論を受けて結論は出ていない。都知事本局は「都が具体的な検討に入ることで、医師養成システムを考え直す機運を高めたい。目的意識の高い医師が増えれば、特定の診療科医の減少や全国的な医師の偏在解消にもつながる」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 別にアメリカの真似をしなくてもいいと思いますが…。

 そもそもメディカルスクールを作ると目的意識の高い医者が生まれるという認識が疑問です。おそらく卒業してからやっぱり医学部行きたいという、受験の段階で医学部に入れなかった人が群がるのでは?別にその人たちが目的意識が低いというわけではありませんが、社会に出て医師の職にやりがいを感じてメディカルスクールを志す、なんてレアケースですよ、さすがに。

 患者からしてみれば、どうなんですかね。卒後ということは少なくとも22,3はいっているわけで、そこから4年間で、18,19の医学生が6年かけてやることを詰め込むわけです。それは脳みそ的に厳しいのではないか、と。

 とはいえ日本は医者が慢性的に不足していますから、医師の増員にはもってこいの制度だと思います。

 メディカルスクール

 米国やカナダなどで設置されている医学教育機関。都が参考にする米国型は、一般の大学卒業生や社会人を対象にした4年制の大学院で、診療チームのメンバーとして現場体験するなど実践を重視。教養と社会性を備えた質の高い臨床医養成をめざす。日本では05年の中央教育審議会の報告書で「中期的な課題」と位置づけられたが、慎重論が出て検討は先送りされた。

関連
医学処 慶應との差を縮めるために早稲田大学医学部誕生か。
医学処 東大生の8割が、将来の進路や生き方に悩んでいる。
医学処 山形大学が、退職医師を再教育して地域医療に貢献させる


広告
posted by さじ at 01:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
>社会に出て医師の職にやりがいを感じてメディカルスクールを志す、なんてレアケースですよ
いえいえ。社会に出てから、医師を志し、医学部に入り直している方は結構、いらっしゃいます。
といっても、やはり元々の出身大学が、偏差値の高いところですが。
人間性は別とし、そういった人たちが、ストレートで医師になった方よりも、一般社会のことをよく知っているのも実感しています。
医学部6年間で学ぶことは、語学や一般教養、体育など、他の学部で学ぶことも含まれていますから、そういったものを既卒者には単位として認めれば、医学的な部分は4年間で十分教えることが可能だと思います。
先日、医学部の定員がまた増員されることが決まりましたが、卒業までに6年、初期研修が2年、計8年と考えると、メディカルスクールでの4年、研修2年は、短期間で医師になれますので、これから入学する学生を待つ前に、補充はされますし。
こちらの日記が書かれている2007年に話題に上ったメディカルスクールも、今は、どこまで話が進んでいるのでしょうね。
Posted by at 2009年08月03日 10:00
東海大学医学部などは積極的に社会人の受け入れを行っているのを記事で読んだことがあります。
編入試験に合格すれば2年次から編入できたと思いますが、各大学が社会人枠を増設すればよいと思うのですが、なぜメディカルスクールなのでしょうか?
選択肢を多数乱立するのは、むしろ学生に混乱をもたらすのではないでしょうか?

法科大学院の読み間違いによる失敗と場当たり的な対処の仕方はあまりに酷くここでの議論の参考にもなりませんが、学生の混乱は計り知れません。私は米国流のプロフェッショナルスクールは日本には馴染まないと思います。
Posted by j.oriyama at 2009年10月21日 02:57

    −オバマ大統領に捧げるメッセージー

  核戦争なき世界の理想実現に向けての第一歩



 より信頼される医療、&より良きリーダーの指導力を求めて

       - belong to -


追伸 ▲“BABY HALL基金”&“HAPPY Xmas(War is Over)”

  
 小泉純一郎前首相はやがてターゲット

そし(ハ)・・・て・・基金 最大の功労者は


〇 〜小池百合子(57さい)〜 と不治三軽 結0 〜暴力団(三)〜 く   〜 ジョージ・W・ブッシュと死の商人(中東テロリストネットワーク)〜△164〜 く 〜 〇〇さま???(△35) 〜 く 〜110呆治利犬(△111〜△1110)〜
Posted by 小泉純一郎前首相の医師久松篤子 at 2010年04月26日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。