2007年01月10日

三重中央医療センターの麻薬一覧表などがWinnyに流出する

ウィニーで医療センターの内部情報が流出

 「三重中央医療センター」(津市、新谷宇一郎院長)の副薬剤科長の私物パソコンから、ファイル交換ソフト「ウィニー」を通じて、センターの内部資料がネット上に流出していたことが9日分かった。患者の個人情報は含まれていないという。

 同センターによると、流出が確認されたのは2004年初めに使用していた麻薬の一覧表と、麻薬が入っている瓶の破損など02、03年の県への事故届け。

 今月4日、同センターに流出を指摘する連絡が入った。04年に副薬剤科長が資料を自宅に持ち帰って作業した際、流出したとみられる。

 同センターは「05年度の個人情報保護法施行前は、厳しく管理していなかった。ほかにも流出情報がないか確認したい」としている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 悲惨。

関連
医学処 精神疾患患者の個人データがWinnyで流出
医学処 藤田保健衛生大学病院でWinnyから患者データが流出
医学処 長崎大学病院でパソコン内の患者データが盗難に


広告
posted by さじ at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。