2007年01月06日

遺伝子組み換え操作により、緑色に光るブタが誕生する

緑に光る「蛍光ブタ」、中国でも成功

 中国北東部ハルビンにある東北農業大学の研究チームがこのほど、遺伝子組み換え技術を応用して蛍光物質を取り込ませた、緑に光る「蛍光ブタ」の開発に成功した。中国国営・新華社通信が伝えた。「蛍光ブタ」の開発は、国立台湾大学の研究チームが今年初め、開発に成功したと発表している。

 東北農業大学の研究チームは、ブタの胚に蛍光たんぱく質を注入したほか、母ブタの子宮には、蛍光たんぱく質を抽出したクラゲの遺伝物質を注入した。その結果、足や口、舌などが紫外線を当てると、緑色に光る子ブタが、3頭生まれたという。

 研究者は、このブタの開発により、胚性幹細胞(ES細胞)の研究が進むとしている。

 今年初めに「蛍光ブタ」に成功した台湾では、2003年に観賞魚を扱うタイコン社が、クラゲのDNAを組み込み、暗闇で光る小型熱帯魚のゼブラフィッシュを開発している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 恐ろしい。何の弊害もないんでしょうか。昔ドラえもんで、葉緑素を持った、光合成するブタというのを誕生させていましたが、なんかそんなイメージです。葉緑体生物ももしかしたら将来的に可能かもしれませんね…。

関連
医学処 遺伝子組み換え大豆に毒性など存在しない
医学処 農水省が力を注ぐ、高リコピントマトやGABAの豊富な米


広告
posted by さじ at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。