2007年01月06日

カプサイシンで皮膚を刺激すると、肌の老化を防ぐ働きに

唐辛子に美肌効果、たるみ減る

 唐辛子の辛み成分「カプサイシン」を薄めて皮膚に塗ると肌の弾力性が増すことを、名古屋市立大大学院の岡嶋研二教授らが明らかにした。

 同教授は製薬会社と共同で、この成分を含む化粧品の開発を進めており、早ければ今年中にも商品化されるという。

 岡嶋教授らは、痛みや熱を感じる皮膚の知覚神経をカプサイシンで刺激すると、神経末端からCGRPという物質が放出されることを見つけた。CGRPは体内でインスリン様成長因子(IGF)―1の増加を促すが、このIGF―1は細胞を活性化し、肌の老化を防ぐ働きを持つ

 マウスの皮膚にカプサイシン0・01%を含むクリームを塗ると、IGF―1の増加が見られた。同じクリームを健康な女性17人に1週間、毎日1回顔に塗ってもらったところ、肌が引き締まり、しわやたるみも減った。研究チームの換算では「肌年齢が10歳若返った」ことになるという。岡嶋教授は「リウマチや生活習慣病などへの利用も検討している」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 直接刺激しても効果があるんですねぇ。若干痛そうですが。皮膚の防御作用ですかね、これは。刺激があったからその刺激に耐えるように防御因子を放出し、お肌にうるおいを与えて次の攻撃に備える、と。

関連
医学処 ニンジンは煮て食べたほうが美肌になる
医学処 アロエヨーグルトを食べるとニキビや毛穴の黒ずみが改善
医学処 カプサイシンとイソフラボンを同時に摂ると毛髪の成長が促進


広告
posted by さじ at 14:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
すごい
Posted by ゆっくり at 2007年01月07日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。