2007年01月06日

白血病で苦しむイラクの子供たちを、義理チョコで救え

白血病の子ら「義理チョコ」で救え…長野の団体

 “義理チョコ”を買って白血病に苦しむイラクの子供たちの支援を――。諏訪中央病院(長野県茅野市)名誉院長の鎌田實さんが代表を務める「日本イラク医療支援ネットワーク」(JIM―NET、事務局・長野県松本市)が、チョコ募金に取り組んでいる。

 1口500円を寄付すると、協賛する製菓会社のチョコレート5粒とイラクの子供たちが描いた絵をあしらったカードが送られてくる。1口につき400円が、イラクの子供たちの薬代となる

 イラクでは湾岸戦争後、白血病患者が増えている。2004年に結成された同ネットワークは、これまで約1億4000万円分の薬や医療機材をイラクへ送ってきたが、足りないのが現状だ。さらに関心を高めようと、05年末から「義理チョコ募金」を始め、昨シーズンは5300口の協力があった。

 今シーズンは1万口を目標とし、カードには音楽評論家の湯川れい子さんや、女優の東ちづるさんらが「ひとつでも多く笑顔をプレゼントできますように」などの言葉を添えた。ホワイトデー用に、鎌田さんやジャズ奏者の坂田明さん、俳優の吉田栄作さんがメッセージを寄せたカードも用意する。

 日本チョコレート・ココア協会によると、バレンタインシーズンの国内のチョコ販売額は推定530億円(05年度)。鎌田さんたちは、その一部でもイラクの子供たちにも届くことを願っている。

 振込先は、郵便口座00540・2・94945、日本イラク医療ネット。3口までは送料80円。問い合わせは、ネットワーク事務局((電)0263・46・4218=9日以降、Eメール

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 色々な募金があるのですね。イラクは戦争の後遺症で未だに小児の病気が増えているようです。一歩間違えていれば日本も同じ運命にあっていたわけで、他人事ではありませんね。どの世界でも、子供を犠牲にしてはいけませんわ。

関連
医学処 親と離れて入院中の子供に、会話ロボット「翔ちゃん1号」を
医学処 岐阜県庁は裏金工作のためにユニセフへ募金していた
医学処 ヒルシュスプルング病で臓器移植のための募金を呼びかける。


広告
posted by さじ at 13:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
解りました情報有り難うございます
Posted by みか at 2010年03月04日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。