2007年01月04日

東大医学部図書館で、100年前の手術現場などの医学写真を発見

明治の「医療現場」発見、東大に写真1000枚超

 東大医学部図書館が所蔵している過去の卒業アルバムから、およそ100年前に撮影された手術現場などの写真が多数見つかった。

 明治期の医療現場を写した画像は極めて珍しく、近代医療の原点を伝える貴重な資料だ。

 東大医学部は、1858年に徳川幕府が設置した「種痘所」を源流として1877年に発足。卒業アルバムは1902年に最初に制作された記録があり、図書館には翌03年分から現在まで、第2次大戦中など一部の年を除いて、ほとんどが保存されている。

 アルバムは長いあいだ死蔵状態だったが、2008年に種痘所設置150周年を迎えるのを機に、永井良三・同学部付属病院長が内容を調べたところ、明治期のアルバムに、当時の外科手術や発明まもないエックス線撮影など、当時の医療現場を伝える写真が1000枚以上も含まれていた

 普段着姿の学生が見守るなかで行われた外科手術の写真(明治39年=1906年)からは、細菌学が緒に就いたばかりで感染防止への意識が薄かったことがうかがえる。永井病院長は「当時の最先端医療の状態が手に取るようにわかる。学生の真剣なまなざしからは、西洋に必死で追いつこうとしていた青年たちの姿も伝わってくる」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 果たして今の医学生に「必死さ」はあるのか。日本の中で張り合うのではなく、外へ目を向けてほしいですね。こういう写真から学ぶものは多いと思います。戦時中の日本の兵隊然り。

関連
医学処 リアルに動いている臓器の画像を販売
医学処 医学用画像とエロ画像の境界線


広告
posted by さじ at 01:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
昭和30年代に他の旧帝大を卒業した父親の卒業アルバムを見せて貰ったことがあります。解剖の授業は大教室で衆人環視の中行われていたようでした(丁度東大での外科手術のような感じで)。
確かに写真に写っている父の同級生たちの表情は真剣そのものだったです。初心忘るべからず、と新年にあたり考えた次第。
Posted by Anselmo at 2007年01月04日 11:06
>>Anselmo
貴重な写真ですね。
医学という、人を相手にしている学問を行うにあたっては慢心こそ敵なのでしょう。日々、真剣に臨むことこそ、語り継がれる原点なのかもしれません。
Posted by さじ at 2007年01月05日 00:15
昔の学生は今の学生よりも真剣な眼差しを持っていたような気がします
Posted by ゆっくり at 2007年01月07日 21:36
あの頃は誰もが必死だったのかもしれません。
物が溢れている今だからこそ、その姿勢を見つめなおし、自身に取り入れることも必要ですよね。
Posted by さじ at 2007年01月08日 04:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック