2007年01月04日

神戸大学医学部付属病院で酸素チューブが外れて低酸素脳症に

人工呼吸器外れ、男性が脳障害…神戸大医学部付属病院

 神戸大医学部付属病院(神戸市)は27日、兵庫県内の80歳代の男性が先月、治療中に人工呼吸器のチューブが外れて低酸素脳症となり、脳に重い障害が残った、と発表した。

 同病院によると、男性は11月下旬、右ひざの動脈瘤が破裂、同病院でバイパス手術を受けた。続けて右足の血管内の血栓を溶かす治療を受けた際、酸素を送り込むチューブが外れたという。医師が約10分後に気づいたが、男性は呼吸をしておらず、蘇生措置で一命をとりとめたものの、低酸素脳症に陥った。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 動脈瘤破裂に目が行き過ぎていたか。残念なミスです。

関連
医学処 斎藤佑樹も使ってる、酸素カプセルを体験してみる
医学処 高濃度の酸素を吸って勉強すると、記憶力が向上する。
医学処 病院内の保育所で、うつぶせ寝で乳児死亡。


広告
posted by さじ at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。