2006年12月31日

滋賀県で、癌の放射能治療を正確に行うOBIシステムを導入

患部を正確に放射線照射 滋賀県立成人病センターが最新型装置導入

 滋賀県立成人病センター(守山市)はこのほど、がんなどの腫瘍の放射線治療で、正確に患部を照射できるシステム(OBI)を搭載した最新型の放射線治療装置を導入した。OBIの導入は県内で初めて。患部以外の細胞を傷つけることなく治療ができ、腸炎などの合併症の発症率を低くすることが期待される、という。

 同治療装置では、最先端技術である強度変調放射線治療(IMRT)が可能となる。複数の患部に同時に照射する場合、これまでは広範囲に同じ量の放射線を当てていたが、IMRTでは部位別に放射線量を調節できるため、正常な部位への影響が軽減される、という。

 またOBIは、照射前に2方向から患者の画像を撮影することができるシステムで、患部と照射位置がずれた場合、患者の横たわる台が自動的に動き、ミリ単位まで正確に合わせることができる。

 同センターは「より安全な医療を県民の皆さんに提供したい」としている。

------

 癌の治療において、放射能は欠かせない存在となっていますけれど、副作用が心配という患者さんも多いと思います。しかしこうした集中的に当てる治療法により、副作用は限りなく少なくなることでしょう。OBI、お試しあれ。(でも高そうですな)

関連
牛乳に含まれるラクトフェリンは放射能障害を防ぐ
放射能から眼球部を守る遮蔽装置を開発


広告
posted by さじ at 01:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
物理的な無限性の、この素晴らしい成果は、自然科学的思考方法の転用が身近であって、出発点に及び無限に決定される、しかも心身論的(精神物理的)把握の形態をとります
Posted by みか at 2010年12月03日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。